初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

【ワーク】大切な人との関係を癒すお手紙セラピー

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

今回は、大切な人との関係を癒すお手紙セラピーをご紹介していきます。

インナーチャイルドも癒されますよ。

 

母の日から一週間。

母の日の記事にいろいろな方からメッセージいただき反響の大きさに驚いています。

(皆様ありがとうございます)

それだけ、母という存在から受ける影響は大きいのでしょうね。

 

 

セッションでも「母にこんなことを言われて傷つきました。」とおっしゃる方が多いのです。

そして、この言葉は、
「大人の私の中に、今も傷ついたままの子供の私がいます」ということなのです。

インナーチャイルドが居るよ~ということなんです。

 

インナーチャイルドは潜在意識に住んでいるので普段は気づきません。

でも、こういった言葉からわかるのです。

そして、インナーチャイルドが笑顔になると大人の私も笑顔になります。

潜在意識が変わるからです。

こちらも合わせてどうぞ。
顕在意識・潜在意識

 

 

お手紙セラピーは、大切な人との関係を癒します。

潜在意識が変わるので人間関係も変わり現実も変わります。

なぜだと思いますか?

理由は、私たちは無意識に親との関係を他の関係に投影しているからです。

父親との関係は、恋人・パートナー・男性上司・社会に投影しています。

母親との関係は、身近な関係、女性の上司に投影しています。

無意識に投影しているので、パートナーとの不仲が親との不仲が原因だとは思わないのですが。。

でも、お手紙セラピーをすると気づきますよ。

 

********

【お手紙セラピー】

トラウマがある場合はワークしないでください。
トラウマ専門のカウンセラーからセッションを受けることお勧めします。

 

《用意するもの》
ペンと便箋
ひとりになれる空間と時間

 

ステップ1
誰に向けて書くか決めましょう。
ご両親でもパートナーでも大丈夫です。

ステップ2
便箋の始めに「〇〇さんへ」と書きましょう。

ステップ3
その人に手紙に書いていきます。

言えなかった本当の気持ちを書いていきます。

親へ手紙の場合、子供の頃に言えなかったこと、今の不満など言いたいことを書いていきましょう。

あれは傷ついた
あれは腹が立った
こうして欲しかった
あの時はこう言ってほしかった
寂しかった
甘えたかった

思っていたこと、しまい込んだ気持ちを全て綴っていきましょう。

出さない手紙ですから心配は不要です。

心の中にあるものを全て手紙に書いていきましょう。

 

ステップ4

親への手紙の場合、書いていくうちに子供の私が出てきていると気づきます。

子供の私に気づいたら、子供の私の気持ちに寄り添いましょう。

怒っている場合、怒りの下に本当の気持ち(寂しい・不安・心配・苦しい・嫌だ・甘えたい等)が隠れています。

本当の気持ちに気づいて寄り添えると、子供の私は安心し始めます。

子供の私がどうして欲しいのか感じながら、子供の私が安心する優しい言葉をかけていきましょう。

子供の時、親にほんとうは「こういう言葉を言ってほしかった」「こうして欲しかった」があります。

それを今、してあげるのです。

 

親への手紙でない場合も同じく、気持ちに寄り添い、安心する優しい言葉をかけていきましょう。

怒りの下にあるほんとうの気持ちにも気づいて、その気持ちに寄り添っていきましょう。

安心するまで寄り添っていきましょう。

気持ちが落ち着き、安心感が出てきたらワーク終了です。

 

 

《ワークのポイント》

寄り添うとは「寂しかったね」「不安だったね」「恥ずかしかったね」と肯定し受容することです。

自分が欲しかった優しいいたわりや言葉をかけていきましょう。

寄り添い方はこちらを参考に。
お手紙セラピー。感情の寄り添い方

 

長年、気持ちを溜め込んできた場合、ワーク終了まで時間がかかることがあります。
また、ワークしたのに再び気持ちが出てくることもあります。
その時は、再度ワークしてください。

お手紙セラピーは自分を理解する感情解放ワークと似ていますが、手紙のスタイルが深い癒しを起こします。

こちらも合わせてどうぞ。
自分を理解する感情解放ワーク

 

手紙は、人目に触れないように処分してください。

********

 

私たちは、良くも悪くも親から影響を受けています。

そして、大人になるとその影響を他の人間関係に投影し、無自覚に投影してコミュニケーションします。

それが、人間関係が上手くいかない原因であることが多いのです。

 

なので、ご両親に手紙を書いて癒すことが、人間関係全体に変化をもたらします。

パートナーに対して思っていたことと、父親に対して思っていたことが同じだと気づいた人がいました。

父親への気持ちがお手紙セラピーで癒されたら、自然にパートナーとの関係も変化されました。

投影していたわけです。

 

お手紙セラピーは、別れても執着してしまう彼(彼女)に書くこともお勧めします。

恋愛で執着してしまうのも、親子関係が原因であることも多いからです。

ご両親への手紙と執着してしまう彼(彼女)で書いてみてください。

執着が外れていくと思います。

 

お手紙セラピーをされた方の感想です。
「ありがとう」がどんどん出てきてびっくりしました
父への手紙で愛を受け取る

 

花ひらき、今ここにある歓びを溢れるほど受け取ります。

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

インナーチャイルド
Grace.
タイトルとURLをコピーしました