初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

【セルフラブ】怒りや不安。ネガティブ感情を感じる時にお勧めの体ケア

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

今回は、ネガティブ感情を感じた時にお勧めの体ケアを紹介します。

ストレスホルモンの分泌を抑える方法なので、穏やかな気持ちになりますよ。

ネガティブ感情になりやすい、ストレスフル、HSP・エンパス気質の人にお勧めです。

こちらも合わせてどうぞ。
自分に繋がる呼吸法
その不安感は栄養不足が原因かも

 

 

怒りや不安。

ネガティブ感情を感じる時、私たちの体ではあることが起こっています。

どんなことだと思いますか?

 

呼吸が浅くなり体は固くなります。

交感神経が興奮し「戦うか逃げるか」の超緊張モードになります。

副腎からはストレスホルモンのアドレナリンが分泌します(アドレナリン分泌は長くて15分)。

ネガティブ感情が続くと・・。

今度はストレスホルモンのコルチゾールが分泌します(コルチゾールは8時間分泌)

その結果、免疫系はダウン。血管は傷つき、肌は老化し、脳の萎縮まで起こります。

脳の萎縮まで・・・。

驚きです。

 

なので、

ネガティブ感情を感じたら早め目のケアが大事ということなんですね。

そういえば美容家の方が「不機嫌は肌を老化させる」「ご機嫌が美の秘訣」と仰っていたのを思い出しました。納得です。

 

 

ネガティブ感情を感じた時にお勧めの体ケア、ご紹介します。

********

【ネガティブ感情を感じた時の体ケア】

ストレスホルモンの分泌を抑え、幸せホルモンの分泌を促進する効果があります。

《こんな人に特にお勧め》
・ネガティブ感情を感じやすい人
・ストレスフルな日々を送っている人
・HSP・エンパス気質の人

《ケアにお勧めの時間》
・ストレスを感じたらいつでも
・始業時や朝晩の習慣に

パートナー・お子様へのケアにお勧め。
どちらのケアも肌の触れ合いで幸せホルモンと絆ホルモンが分泌し、お互いの心が安定します。

 

副腎・腎臓に手を当てる方法

ネガティブ感情を感じた時に。

両手を背中側にまわし、背中のあばら骨のすぐ下(副腎・腎臓の場所)に手を5分~10分置きます。

手を置いていると気持ちが落ち着いてきます。
手のあたたかさが副腎・腎臓を整え、コルチゾールの分泌を抑えるそうです。

 

おでこに手を当てる方法

少し不安を感じる・誰かに側にいて欲しいと感じる時に。

眉間・おでこに手を当てる。

手を当てていると気持ちが落ち着いてきます。
眼窩前当皮質・松果体・三叉神経に血流・酸素が戻り交感神経が落ち着くのだそうです。

不安感を感じやすいお子様のケアに。

********

 

どちらのケアも体に優しく触れます。

『体に優しく触れる』と幸せホルモンが出るのだそう。

優しく体に触れるのは幸せへのリセットになるんですね。

 

不安を感じたらおでこに手を当てる。

仕事でイライラしたら背中に手をまわして背骨の下に手を当てる。

体ケアは数分でOK。

自分に優しく触れて自分を労わりましょう。

 

 

 

優しく触れる。

自分に触れる。

大切な人に触れる。

これだけでも幸せは創れます。

体ケアお試しください。

こちらも合わせてどうぞ。
その不安感は栄養不足が原因かも
自分を理解する感情解放ワーク
「満たされた私」の作り方

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

心地いい身体
Grace.