初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

【メンタル不調】その不安感、栄養不足が原因かも

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

今回は、その不安感、栄養不足が原因かも、お話していきます。

不安感で悩んでいる人は参考にしてください。

 

ある精神科医の方が、栄養指導と適度な運動で患者さんの8割が改善していくと話してみえました。

これについて、私も納得でした。

というのも、
食事を整え、適度な運動をしていただくと、不安感が和らぐ人が多いからです。

不安感が和らぐどころか、元気、やる気も出てくる人が多い。

さらに、自己肯定感が上がる人も多いのです。

多いと書きましたが、ほぼ全員が変わっています。

 

 

お話を伺っていると、

・朝食を食べていない
・炭水化物・甘いものが多い
(菓子パン、お菓子、甘い飲み物)
・たんぱく質不足
・ミネラル(特に鉄分・亜鉛)不足

こういう人が多いのです。

会社の健康診断で亜鉛不足を指摘されていた人もいました。
※亜鉛不足はうつ病と関連があると言われています。

 

栄養が充分に取れていないのです。

栄養が不足しているから、幸せホルモンもやる気ホルモンが作られない。

幸せホルモンもやる気ホルモンの材料は、たんぱく質とビタミンミネラルです。

材料が無ければ幸せホルモンもやる気ホルモンも作れません。

幸せを感じることもやる気が出ないのも、栄養が充分に取れていないからなのです。

 

 

女性は甘いものが好きな人が多いです。

でも、甘いものは血糖値の急激なアップダウンを起こします。

血糖値の急激なアップダウンは不安感を引き起こします。

 

コーヒーやチョコレートに含まれるカフェインも不安感の原因になることがあります。

4人にひとりは、カフェインで不安感が出る遺伝子を持っているからです。

心療内科などでは、鬱傾向のある人にはカフェインを控えるよう指導されています。

 

 

もし、思い当たるなら食事を整えましょう。

幸せホルモン・やる気ホルモンの材料をしっかり摂りましょう。

また、胃腸が弱いと栄養吸収できません。

腸活はもちろん、消化の良い食事を心がけ、胃を元気にすることも大切です。

鳥の骨付き肉で作ったスープは消化吸収がよくお勧めです。
こちらにレシピがあります

 

 

 

食事を整えると、

元気が出てきた。

気持ちが安定してきた。

甘いものが欲しくなくなった。

長年の胃弱や便秘が治った。

生理不順が治った。

冷え性がなくなった。

こう言われます。

食事を整えることは、安定した心と体を手に入れることなのです。

 

 

今は、コロナ禍もあり不安を感じることがあると思います。

免疫力アップも兼ね、食事を整えてはいかがでしょう。

幸せな心と体は食事を整えることで実は手に入るものなのです。

もちろん、適度な運動もしてくださいね。

 

こちらも合わせてどうぞ。
幸せ創造の基本の基本
ネガティブ感情の時にお勧めの身体ケア
お勧め本「食べてうつぬけ」

 

花ひらき、今ここにある歓びを溢れるほど受け取ります。

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

心地いい身体
Grace.
タイトルとURLをコピーしました