初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

【怒り方のタイプ】NOを伝える時にとりがちな3つのタイプ

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、こんにちは。

 

今日は、私たちが怒る時、NOを伝える時にしがちな3つのタイプをお話していきます。

自分の怒り方のタイプを知っていると、怒りの感情に向き合いやすくなりますよ。

 

あなたは、NOを伝える時にどんなことを意識していますか?

私は、素直な気持ちをアサーティブに伝えるよう意識しています。

(とはいえ、まだまだ練習中ですが)

※アサーティブとは、自分の考えや意見を率直に表現することです。
「率直」「対等」「誠実」「自己責任」を基本にしたコミュニケーション方法です。

 

なぜアサーティブを意識するかというと、自分のNOの伝え方はよくないと気づいたからです。

実は以前の私は、これからご紹介することをしていました。

そして、「どうしてあんな態度しか取れないんだろう?」と自分が情けなく感じてもいました。

でも、心の勉強をする中でアサーティブを知り、

3つのタイプを知ったことで、少しづつですが変わることが出来ました。

そして、アサーティブにNOが言えるたびに自分が好きになっていったんです。

 

 

アサーティブについてはまたお話しますね。

今日はまず、とりがちな3つのタイプを知ってください。

自分のタイプを知るだけでも、変化が始まりますから。

 

********

 

タイプ1.ドッカンタイプ

言いすぎてしまうタイプです。

相手に「どうしていつもそうなの!何やってるの!」と言ってしまったり、人格否定するような言葉や口調で怒りをぶつけたり、打ち負かせようと正論で相手を追い込みます。

怒りにまかせて言いたいことを言うので、相手を傷つけてしまい後味の悪い思いをします。
子供やパートナーなど、言いやすい人に対して「ドッカン」になることが多いようです。

 

タイプ2.オロロタイプ

言葉を飲み込んで我慢してしまうタイプです。

内心腹が立っていても、何も言えず自分の中に溜め込んでしまう受動的なタイプです。
または、イヤなことをイヤと言えず、悶々と抱えてしまいます。
しかし、蓄積した我慢が爆発してしまい、周りの人を驚かせます。

 

タイプ3.ネッチータイプ

作為的で素直になれないタイプです。

相手にむっとした表情をしたり、つっけんどんな言い方をして、遠回りに伝えようとして、相手に「何か悪いことでもしたのかな」と思わせます。
また、自分がされたことをわざと相手にすることもあります。
自分の気持ちを素直に言えず、嫌味を言ったり、遠回しに攻撃してしまいます。

 

中島知賀 著「心に平和の花を」より

この本はお勧め本としてご紹介もしています。
とても良い本ですよ。

 

********

 

いかがでしょう?

あなたはどのタイプでしたか?

 

クライアントさんと、このタイプのことをお話していると、

「3つともしていました!」という人も多いのです。

家族にはドッカンで、上司にはオロロで、パートナーにはネッチーなんてふうに。

相手によって、どれかのタイプをしているのです。

 

そして、中島知賀さんも言われていますが、

どのタイプのNOの伝え方であっても、自分を守るために身に着けたやり方です。

子供の頃に傷つくことがあって、子供なりに自分を守るために身に着けたやり方だということです。

なので、けっして自分を責めないでくださいね。

 

むしろ「私はこの方法で自分を守ってきたんだ」と自分を労わってあげてください。

なぜなら、これ以上傷つかないように、そのやり方をしてきたのですから。

こちらも読んでみてください。
喜怒哀楽が教えてくれるもの

 

 

そして、「3つのNOの伝え方をこれからもしたいかな?」

「これからもやり続けると、どんな人間関係を創造することになるのだろう?」と想像してみてください。

 

もし、もうしたくないな、止めたいなと思われたら、

「私はどんなNOの伝え方をしたいのだろう?」

「どんなNOの伝え方だったら、自分を好きになるかな?」

「どんなNOの伝え方だったら、大切な人と幸せな関係が創れるかな?」

あなたらしいNOの伝え方を考えてみてください。

もしかしたら、読んでいる小説の中や、観ているドラマの中で、素敵なNOの伝え方があるかもしれません。

それをお手本にしてみてもいいですし、初めにお話したアサーティブな伝え方を学ぶのもお勧めですよ。

 

 

 

NOの伝え方はいろいろあります。

自分がどのタイプをとりやすいのか知ること。

ほんとうはどんなNOの伝え方がしたいのか、自分の望みを知ること。

これがわかると、NOの伝え方が変わってきます。

そして、出来ると自分が好きになります。

望んでいた幸せな人間関係を創ることも出来るのです。

 

あなたはどんなNOの伝え方ができたら幸せですか?

 

こちらのサイトはアサーティブを日本に初めて紹介してくださった森田汐生さんのアサーティブジャパンです。
https://www.assertive.org/intro/

こちらも合わせてどうぞ。
人間関係で悩んだら1番にすること
境界線。小さなイヤ!も大切に
境界線。「他人の感情」に責任を負わなくていい

 

いつもありがとうございます。
あなたが笑顔溢れますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

人間関係
Grace.
タイトルとURLをコピーしました