初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

その不安感、栄養不足が原因かも

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

さて今日は、不安感の原因のひとつに栄養不足があることお話していきます。

 

ある精神科医の方が、栄養指導と適度な運動で患者さんの8割が改善していくと話してみえました。

このこと、私も納得なのです。

というのも、セッションの際、体調、睡眠、お食事のこともお聞きするからです。

ここを整えてもらうと、身体だけでなく 心も整い、

元気になり、やる気も出てこられるからです。

自己肯定感も高くなられるんですよ。

 

 

セッションでお話を伺っていると、

忙しくて朝食を食べていない

3食食べているけど炭水化物が多く野菜やお肉が少ない

野菜は取ってると言われるけど、たんぱく質が少ないなど、

栄養が足りてないのではと思うことが多いのです。

 

そして、甘いものを止めたいのにやめられないとも言われます。

仕事机にお菓子の買い置き、週に何回もケーキを買ってしまうと。

甘いものがやめられないのは、栄養不足が原因です。

食べたものを一週間、メモしたり写真に撮ってみるとわかると思います。

栄養が取れていないことが。

 

 

栄養が取れていないのですから、

身体の中では、幸せホルモンもやる気ホルモンの原料も不足し、作れないのです。

これでは、安定した心はもちろん、やる気を出すのも難しいのです。

 

また、甘いものは血糖値の急激なアップダウンを引き起こします。

血糖値のアップダウンは不安感を引き起こすのです。

不安感の原因は心の持ちようではなく食事。

栄養不足と血糖値の急激なアップダウンが原因かもしれないのです。

 

 

幸せ創造にはエネルギーが必要です。

幸せ創造には心と身体、この両方にエネルギーが必要です。

幸せホルモン・やる気ホルモンを作り出せる身体であること大切なのです。

 

もし、思い当たることがあるなら、食事を整えましょう。

幸せホルモンの原料を取りましょう。

そしてまた、栄養が吸収できる身体に整えることも大切です。

胃腸が弱いなら、消化のいいメニューで栄養を取りましょう。

鳥の骨付き肉で作ったスープが消化吸収がよくお勧めです。
鳥は身体を温め気を補いますよ。
こちらにレシピがあります

 

 

 

食事を整えていただくと、

元気が出てきた、気持ちが安定してきた、

甘いものが欲しくなくなったと言われます。

長年の胃弱や便秘が治った方や生理不順が治った方も。

必要な栄養がとれるとメンタルの安定はもちろん身体も整ってくるのです。

 

私自身、子供の頃から虚弱体質。

なので、食養生を心がけ、旬の食材をよく噛んで食べるようにしています。

(旬の食材を取るのが一番簡単な食養生なのだそうです)

そして、疲れたら無理せず休むようにしています。

そのおかげなのか熱を出すことがないのです。

 

 

コロナ禍もあり不安を感じることがあると思います。

でも、食事を整え、栄養が十分になると、心穏やかになるかもしれません。

免疫力アップも兼ね、食事を整えてはいかがでしょう。

幸せな心と身体作りに、食事、大切になさってください。

 

こちらも合わせてどうぞ。
幸せ創造の基本の基本
ネガティブ感情の時にお勧めの身体ケア
お勧め本「食べてうつぬけ」

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

幸せマインド
Grace.
タイトルとURLをコピーしました