初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

【愛を伝える5つの方法】パートナーとのコミュニケーションの参考に

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

さて今日は、お勧めしたい本がありご紹介させてもらいますね。

それは『愛を伝える5つの方法』

 

アメリカの結婚カウンセラーであるゲーリー・チャップマン氏による、

パートナー・シップについての本なのですが、

この本、パートナー・シップに限らず、

自分を愛すること、

子育てにおいても、

また、あらゆる人間関係に活かせるもの。

この方法を知っていたら幸せな関係は創れる!そう思う本なのです。

 

 

内容はというと、

愛情の食い違いが起こる原因と、

その食い違いを解消する方法が具体的に書かれています。

特に、ラブタンクのお話と愛の言語についてはとてもシンプルで納得するものなのです。

 

まずラブタンクは、

私たちは誰もが愛のタンク『ラブタンク』を持っていて、

このラブタンクを満たし合うことが幸せな関係を築くことになる

 

そして、ラブタンクを満たし合うには、

愛を感じる(相手と自分)『愛の言語』を知り

その愛の言語で伝えることだとチャップマン氏は言います。

 

そして、愛の言語は5つの種類があり、

・肯定的な言葉
・クオリティ・タイム
・贈り物
・サービス行為
・身体的なタッチ

 

相手が愛を感じる言語はどれかを知り、

その愛の言語で愛を伝えてあげることで、

相手は愛されていると感じられ、

感情的欲求が満たされ、愛のラブタンクが満たせるのだそうです。

 

確かに、相手のことを思ってしたのに、

思ったように愛が伝わらないことありますものね。

 

 

以前、あるご夫婦のご相談に乗っていた時のことです。

旦那様から、
「毎年、結婚記念日にはティファニーのアクセサリーをプレゼントするんですけど
喜んでもらったことがないんです。」とご不満をもらされました。

すると奥様は、
「私はプレゼントではなくて、時間をとってゆっくり話したりする時間を作ってもらいたいの。」
そう言われたのです。

 

おふたりの言葉から、

愛情表現の違いで思いが伝わっていないとわかったことがあります。

 

旦那様の愛の言語は贈り物。

贈り物を贈ることで愛を伝える人。

奥様の愛の言語はクオリティタイム。

一緒の時間を過ごすことで愛を感じる人。

 

愛しているけれど、

愛の言語の食い違いから愛が伝わらない。

愛されていると感じられない状態だったのです。

 

おふたりの愛の言語をお伝えしたところ、

旦那様から「ふたりで一緒にプレゼントを買いにいくのはどうだろう?」と、

お互いが愛を感じられる方法を見つけられたのです。

 

お互いの愛の言語が同じならば、

こういった食い違いは起こらないのでしょうが、

一致していないことも多いように感じます。

 

 

この本では、
愛には5つの言語があり、

自分の第1言語、

相手の第1言語はどれかを知ること。

そして、相手が愛されていると感じられるために相手の愛の言語で愛を伝えることで、

お互いのラブタンクは満たされ、関係はより良いものになっていくとしています。

 

 

また、愛が伝わらない、

愛されているとは感じられないと、

ラブタンクは空っぽになり、

パートナーとの関係だけでなく、

自分は愛される価値がないのだと思い始め、

仕事や人生の生きがいさえも感じられなくなると言います。

 

 

実は、これもほんとうによくわかります。

人は「愛し愛されたい」という欲求を根源に持っていますから、

パートナーとの関係でラブタンクが満たされなければ、

他の人に満たしてもらおうとしたり、

ワーカホリックになったり、人生への希望、生きがいも感じなくなっていきますから。

 

 

愛の5つの言語をもう少し説明しますね。

・肯定的な言葉

相手を承認したり、褒め言葉を伝えるなど肯定的な言葉を相手に言うことが愛情表現だと思っている人。

肯定的な言葉が愛の言語の人は、肯定的な言葉を言われたとき愛されていると感じる。

逆に、肯定的な言葉がないと愛されていないと思う。

 

・クオリティ・タイム

一緒にお茶をしたり、映画を観に出かけたりと質のいい時間を共に過ごすことが愛情表現だと思っている人。

クオリティ・タイムが愛の言語の人は 、質のいい時間を共に過ごしてもらうことで愛されていると感じる。

逆に、 質のいい時間を共に過ごせないと愛されていないと思う。

 

・贈り物

贈り物を贈ることが愛情表現だと思っている人。

贈り物が愛の言語の人は、贈り物を贈られることで愛されていると感じる。

逆に、贈り物がないと、愛されていないと思う。

 

・サービス行為

サービス行為(家事・お手伝いなど、相手へのサービス) をすることが愛情表現だと思っている人。

サービス行為が愛の言語の人は、サービス行為をしてもらう時に愛されていると感じる。

逆に、サービス行為をしてもらえないと愛されていないと思う。

 

・身体的なタッチ

身体的なタッチ(触れる・手を繋ぐ・セックス)をすることが愛情表現だと思っている人。

身体的なタッチが愛の言語の人は、身体的なタッチをしてもらった時に愛されていると感じる。

逆に、身体的なタッチがないと愛されていないと思う。

 

 

初めに例として書いたご夫婦は、

旦那様が贈り物で奥様はクオリティタイムが愛の第1言語でした。

そして、お互いに自分の愛の第一言語で愛が伝わると”思い込んで”いた。

でも、言語が違えば伝わらないのですね。

 

 

人は、自分がこうしてもらうと嬉しいことを相手も同じだろうと思っています。

でも、それは思い込みでしか無いことが多いのです。

パートナーとは、育ってきた環境など違いますから愛の言語が違うこともあるのです。

 

パートナーの愛の第1言語を知りその言語で愛を伝えていく。

それは、パートナーの”愛のストライクゾーン”に愛を贈るということ。

そしてまた、それは、大切な相手をちゃんと見ているから出来ることで、

愛とは在り方であり、意識的な行動でもあるのだとこの本は教えてくれるのです。

 

 

チャップマン氏は、
『ラブ・イズ・ア・チョイス(愛は選択)』と言います。

相手の愛の第1言語を知り、

相手の愛という感情ニーズを満たす行動を実践していくということは、

パートナーを愛することを選択することだと。

 

 

本の中に、こんなことが書かれています。

チャップマン氏のセミナーでの質問です。

「もし、相手の愛の言語が自分が自然にやりたいと思わないこと、
自分の性に合わないことだったら?」

それに対してチャップマン氏は、

「性に合わないからどうだって言うんですか?」と答えるそうです。

 

 

そしてこうも書かれています。

結局、苦手か苦手じゃないかは問題ではありません。(相手の言語が)

肝心なのは愛です。

愛とは、あなたが「相手のために」何かをしてあげることです。

「自分のために」することではありません。

 

 

この文章から、愛するとは愛することにコミットし続ける生き方 なのだと思いました。

恋愛は、恋愛ホルモンの働きで恋に落ち、

恋愛ホルモンが出ている間は恋愛が続きます。

でも、恋愛ホルモンは数年で出なくなり、

気持ちの変化が起こり、その時、別れとなることが多いのです。

 

そしてまた、気持ちの変化が起こった時に、

パートナーを愛することにコミットしていく選択もあり、

それが恋愛と結婚の違いだと書かれています。

 

 

パートナーとの関係を気づいていくと、

関係性はとても身近になるため「相手と私は同じ」と思い始めます。

でも、そうではないのです。

親密な関係になるからこそ「相手と自分は違う」とわかっていることが大事なのです。

 

「相手と自分は違う」から、

「どうしたら嬉しい?」と相手の望みを聞いてあげること。

それが、お互いを理解し愛が伝わる初めの1歩なのだと思います。

 

また、子どもや親という家族関係、

友人、会社の人間関係でも相手の愛の言語を知り、

相手の愛の言語で伝えていくことで、

幸せな人間関係を育めるのではないかと思います。

 

そして、まず1番は、自分のラブタンクを満たしてあげること。

満たされた自分で大切な人たちに関わっていく。

それが大切です。

 

そしてまた、合わないと感じる人とは適切な距離感も大切。

全ての人を愛することなどできないのですから。

 

興味をもたれた方は、ぜひ読んでみてください。

「愛を伝える5つの方法」
ゲーリー・チャップマン著
いのちのことば社

アマゾンサイトはこちらです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4264025656

 

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

お勧め本
Grace.
タイトルとURLをコピーしました