初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

悪縁を乗り越えた時、1番にすること

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

今日は、先日の「良縁・悪縁」のお話の続き。

悪縁を乗り越えた時に大切なことをお話をしていこうと思います。

 

人生はいろんな出来事でできています。

楽しいこと、幸せなこともあれば、

思ってもないトラブルが起こったり、

心身が疲弊するようなこともあるものです。

 

そしてまた、時間とともに、

あれほど辛かった事が「あの事があったから、今がある」と気づけるようになったりも。

 

今回の悪縁を乗り越えた時に大切なことは、

この気づけるようになることではなく、

もっと大切なこと。

悪縁を卒業したからこそ、

すんなり幸せになっていく方法をお話したいと思います。

 

 

どんな方法だと思いますか?

それは、悪縁を乗り越えた自分を褒めること!

「がんばったね!よくやったね!」

「私、ほんとうによくやったよ!すごいよ!」と自分を労り褒めてあげるんです。

 

なぜなら、

すごく頑張ったでしょう?

悩んで悩んで、

どうしたらいいんだろう?と考えて考えて、

模索し続けたのではないですか?

 

いろんな本を読んだり、

ネット検索したり、

人に相談したり、

中には、誰も言えずひとり抱え、歯を食いしばるようなこともあったのではないでしょうか。

 

 

頑張って辛い経験を乗り越えたのです。

凄いことです。

ほんとうによくやったのです。

 

そんな凄い頑張りをした自分を褒めてあげましょう。

労ってあげましょう。

笑顔にしてあげましょう。

 

自分に「どうしたい?」と聞いて、

心も身体も満たされる”ご褒美” をたっぷり自分にプレゼントしてあげるのです。

 

美味しいものを食べるもよし。

エステに行ってトロトロになるのもよし。

温泉に行ってまったり寛ぐのもよし。

欲しかったものを買うもよし。

何もしないでただただ眠るのでもいいのです。

 

誰でもない自分のために、

満たされることをたっぷりする。

実は、悪縁を乗り越えた後は、

自分を満たすことがとても大事。

 

なぜなら、悪縁と繋がるのは波動が低かったことが原因だからです。

だからこそ、

悪縁を乗り越えた後は波動を上げることが大切。

本来の幸せの流れの波動にまで上がることが大切なのです。

 

なので、頑張った自分を褒めてあげること。

心身が満たされるご褒美をたっぷり自分にプレゼントしていくのです。

 

ポイントは、自分で自分を満たすこと。

もしここで、誰かに満たしてもらおう、

幸せにしてもらおうと依存心から動くなら、再び悪縁を引き寄せてしまうからです。

 

私たちは本来、高い波動です。

なので、本来の自分に戻ればいいのです。

本来の笑顔の幸せでいればいるほど、悪縁となる人とは出会うことも無くなります。

 

真面目な人、頑張り屋さんほど、

頑張った自分へのご褒美がないのです。

あれがダメだった・・と自分責めはするけど、ご褒美は無い、のです。

かわいそうです・・。

 

自分を褒めることも、ご褒美もないので心も身体も満たされず低い波動のままです。

だから、再び、悪縁を引き寄せ、望まない現実を繰り返すことになってしまうのです。

 

 

真面目な人、頑張り屋さんほど、

「頑張ってるのに どうして繰り返すのでしょう?」と言われるのですが、

それは、自分を労らず褒めず、低い波動のままだからです。

 

だからこそ、真面目な人、頑張り屋さんほど自分を労り褒め、自分ご褒美が大切です。

自分を労り褒め、自分にご褒美を真面目に頑張ってみてください。

頑張るほどに心と身体が満たされますよ。

 

悪縁を乗り越えたら、頑張りを労り、心と身体にご褒美で満たしましょう。

波動が上がり、良いご縁に出会えますよ。

 

こちらも合わせてどうぞ。
幸せ創造の基本の基本
幸せはプラスエネルギーで出来ている
自己肯定感。一緒にいる人・環境で変わります

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

人間関係
Grace.
タイトルとURLをコピーしました