初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

女性性と男性性の性質と女性性の惹き寄せ方法

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

今日は、女性性と男性性についてお話していこうと思います。

令和の時代が始まり、ますます女性性・男性性の開花は必須だと感じています。

言い換えるなら、未熟な女性性・男性性のままではいられないと。

 

女性性も男性性も、誰の中にもあります。

そして、このふたつは天からの賜物なので、開花していくことが幸せに繋がるのです。

 

 

女性性と男性性。

このふたつは全く逆の性質であり「対」となるもの。

「対」なので、女性性が開花していくと男性性も開花していきます。

女性性と男性性は影響し合うのですね。

まるで、対である男女のように。

 

 

では、女性性と男性性の性質を見ていきましょう。

********

《 女性性の性質 》

受け取るモード

内側に向かうエネルギー

肚で感じ、感情と直感が行動に密着している。

世の中がより良くなるため私たちのための行動をする。

ありのままの自分を受容することによって存在感を感じる。

感じる感性、受け取る、受容、

共感、揺れる、流れに任せる

育む、繋がる、頼る、甘える、従う

優しさ、しなやかさ、調和

陰のエネルギー

 

********

《 男性性の性質 》

与えるモード

外に向かうエネルギー

頭で考え、思考と行動力が密着している。

個人的な社会的成長を求める。

仕事の量、行動の量、場数によって存在力を上げる。

論理的思考、与える、積極性、決断力

行動力、一貫性、責任、

リーダーシップ、個として立つ、自立

戦闘、支配、パワー

陽のエネルギー

 

********

 

見ていただいておわかりのように、女性性と男性性の性質は真逆です。

そして、女性にも男性にもこの両方の性質が備わっています。

この性質は私には無いと思うものもあるかもしれませんが、

それは、まだ開花していないだけ。あるのです。

 

女性性を開花した女性達は、

「女性性を開花していったら、自分には無いと思っていた性質が現れてきた。」と言いますから。

実は私もその経験をしました。

「えっ?!こんな自分がいたの?!」と驚きましたから。

実は、女性性開花は才能開花でもあるんです。

 

 

そしてまた、

多くの方が惹かれる引き寄せの法則。

実は、男性と女性では、引き寄せの方法が違ってきます。

男性には男性性の性質を活かした引き寄せの方法が合っていますし、

女性には女性性の性質を生かした引き寄せ方法が合っているのです。

 

女性性は、受け取りモードが基本。

でも、世の中の引き寄せ方法は、

「始めに与えること。与えれば与えられる(引き寄せる)」と言われ、

男性性の与えるモードの方法なのです。

なので、女性が男性性の引き寄せ方法を実践すると苦しくなります。上手くいかないのです。

 

 

女性は、受け取りモードが基本。

だから、受け取ることに注目するのです。

① すでに与えられているものに気づき受け取る
 ↓
② 与えられていることを歓び、歓びで満たされ、歓びの波動を発する
 ↓
③ 歓びごとが惹き寄せられてくる

これが女性性の引き寄せ方法です。

 

 

時々、男性性の大量行動で願望実現しようとしている女性がいらっしゃいますが、

皆さん、苦しそうなんです。

女性性の性質を知っていたら大量行動が合わないことはわかると思います。

大量行動で成功しました!と謳っているのは男性ばかりです。

 

 

女性性の性質・男性性の性質を知ると、自分に合った生き方がわかります。

自分に合った心地いい幸せ創造の方法もわかります。

ぜひ、女性性・男性性の性質を知り、活かしていただければと思います。

 

こちらも合わせてどうぞ。
現実の幸せを望むなら、女性に生まれた自分を大切に
幸せはプラスエネルギーで出来ている
孤独は悪いもの?いいえ豊かな時間です

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

女性性開花
Grace.
タイトルとURLをコピーしました