初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

【感情の22段階】感情の22段階を使い、簡単に望みが叶う心地いい私に戻る方法

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

今回は、引き寄せの法則、エイブラハムの感情のスケール(感情の22段階)を使い、

望みが叶う自分に戻る方法をお話していきます。

 

引き寄せたいものがあるのに引き寄せられない・・・

「いい気分が大切」とわかっているのにいい気分でいられない・・

こんな人はぜひ参考にしてくださいね。

 

 

まずエイブラハムの感情のスケール(感情の22段階)とは何か説明していきます。

感情のスケールとは、感情を波動の高低で22段階に表したものです。

感情には波動の高い低いがあります。

それを数字にしスケールにしたのです。

 

 

引き寄せの法則は、同じ波動のものが引き寄せ合う法則。

同じ波動のものが引き寄せ合うので、

高い波動を発していると高い波動の現実が引き寄せられます。

低い波動を発していると低い波動の現実が引き寄せられます。

 

引き寄せの法則は、全ての人に常に働いています。

私たちは、自分が発する波動と同じものを常に引き寄せているのです。

ということは?

望みと同じ波動を発すれば、望みのものを引き寄せられるのです。

 

でも、困りました。

波動は見えません。

自分が望みと同じ波動を発しているのかわかりません。

 

この見えない波動を見える化したのが、

エイブラハムの感情のスケール(感情の22段階)

感情がわかれば、どのレベル波動かわかります。

引き寄せが簡単になるのです!

 

引き寄せたいものができた

自分が発している波動レベルを知る

引き寄せたいものと自分の波動の「差」を知る

自分の波動レベルを引き寄せたいもの波動レベルに合わせる

 

 

では早速、感情のスケール(感情の22段階)見ていきましょう。

後半には、自分の波動(感情)を引き寄せたいものに近づける方法もお話していますよ。

 

********

 

【 エイブラハム 感情の22段階 】

1.喜び/智/溢れる活力/自由/愛/感謝

2.情熱

3.興奮/没頭/幸福感

4.ポジティブな期待/信念

5.楽観

6.希望

7.満足

8.退屈

9.悲観

10.フラストレーション/イライラ/我慢

11.圧迫感

12.落胆

13.疑念

14.心配

15.自責

16.挫折感

17.怒り

18.復讐心

19.憎しみ/激怒

20.嫉妬

21.不安(身の危険)/罪の意識/無価値

22.恐怖/悲嘆/憂鬱/絶望/無能

 

※小さな数字の感情ほど軽い波動です。
大きな数字の感情になるほど重い波動です。

 

********

 

引き寄せの法則は、

同じ波動のものが引き寄せ合う法則でした。

 

3の幸福感の波動を発していれば、幸福を感じる出来事を引き寄せます。

21の不安の波動を発していれば、不安を感じる出来事を引き寄せます。

引き寄せの法則は、実に、シンプルな法則です。

 

 

よく、「〇〇を引き寄せたいのに、なかなか引き寄せられません」とご相談を受けるのですが、

お話を伺っていると、

引き寄せたいものとその方の発している波動に「差」があるんです。

同じ波動のものが引き寄せ合うのですから、

どんなに「あれを引き寄せるぞ!」と頑張っても、波動に「差」があれべ引き寄せられないのです。

 

 

例えば、パートナーと出逢って幸福になりたい!と望んでいるとしましょう。

でも、10のイライラ、14の不安を感じていることが多いのなら、

イライラや不安を感じることを引き寄せることは出来ても、

幸福感を感じるパートナーを引き寄せることは出来ないのです。

望みの状態と、現在の波動の「差」があるのですから。

 

 

でも、ここで朗報です!

本来の私たちは、1~7の波動を発している存在です。

エイブラハムも言っています。

『人は1の喜び・智・溢れる活力・自由・愛・感謝の波動で生まれている』と。

そもそもの私たちは1の喜び・智・溢れる活力・自由・愛・感謝の波動の存在だと言うのです。

 

私もエイブラハムに同感です。

なぜなら、赤ちゃんや幼い子供の波動はピュアでクリアでパワフル。

邪気がありません。

1の喜び・智・溢れる活力・自由・愛・感謝の波動を発しています。

私たちは本来、1の喜び・智・溢れる活力・自由・愛・感謝の波動なのです。

 

ただ、大人になる過程で低い波動を発するようになってしまっただけ。

心に傷を負ったり、制限の思い込みを取り込んでしまったために、

喜び・智・溢れる活力・自由・愛・感謝の波動から離れてしまっただけなのです。

 

 

離れてしまっただけ、なので戻ればいいのです。

そう!

本来の自分に戻ればいいだけなのです。

 

そして、私たちは本来の自分に時々戻っています。

それが、いい気分の時なんです。

そう。いい気分、心地いい気分の時、本来のあなたに戻っているんです。

だから、引き寄せでは「いい気分でいましょう」と言われるのです。

 

 

そして、感情はエネルギーでもあります。

エネルギーなので感じると消えていきます。

ネガティブな感情も感じると消えていくのです。

泣いたらスッキリした体験、したことあると思います。

あれは、悲しみを感じたから、悲しみのエネルギーが消え、スッキリしたのです。

 

 

そして、意外に思うかもしれませんが、

ネガティブ感情を掘り下げていくと「愛」に行きつきます。

感情の22段階で、愛は1レベルです。

最高に高い波動です。

実は、ネガティブ感情が出てきても、

掘り下げ、愛に行きつけば、最高に高い波動を発することが出来るのです。

最高に高い愛の波動は、引き寄せがミラクルに起こる波動なのです。

そして、そのミラクルに引き寄せが起こるのが、本来の私たちでもあるのです。

 

 

 

では、どうやって本来の私、愛に戻るか説明していきます。

例えば、大切な人のことが心配でたまらないとしましょう。

心配は14レベルです。

引き寄せの法則は同じ波動のものを引き寄せます。

心配することを続けるなら、心配な現実を引き寄せ続けます。

 

また、心配のエネルギーは相手の足かせになりますから、

心配し続けることは、相手の力を弱め続けること。

心配な状態が続くのです。

心配は愛情だと思っている人が多いのですが、

心配のエネルギーは足かせのエネルギーです。

心配すればするほど、相手の力を奪い、現実が好転することはありません。

 

 

話を戻して、

望みは、心配が消えること。現実が好転することなはずです。

では、どうしたらいいのでしょう?

答は、

・感情を変え、波動を上げる

・心配のエネルギーを送らない

この2つです。

 

 

では、どのように感情を変えるのでしょう?

まずは、心配している自分をそのまま肯定することです。

「心配なんだね。」と自分をそのまま肯定します。

ネガティブ感情を肯定すると安心感が生まれるからです。

 

実際にやってみるとわかります。

ネガティブ感情を肯定すると、どこかほっとしたり、緊張がゆるんだり、安心感を感じますから。

安心感が生まれますから、波動は上がります。

引き寄せたい現実の波動に近づきます。

 

 

ここで注意してほしいことがあります。

それは、自責癖。

ネガティブ感情はダメだと自分を責める人がいますが、自責は波動を下げるのです。

自責は15レベルです。

心配の14より下がってしまうのです。

さらに、自責を続けると、21の無価値観や22の悲嘆にまで下がることもあります。

引き寄せたい現実と波動の「差」が広がってしまうのです。

大切なのは、ネガティブ感情の肯定です。

 

 

 

では次は、愛に行きつくプロセスをしていきます。

心配の奥にある気持ちに気づいていくのですが、

そのためにこう自分に聴いていきます。

「どうして心配してしまうのだろう?」

この時、出てきた気持ちをノートに書き留めていきましょう。

気持ちをノートに書くと、それまで気づかなかった奥の気持ちに気づけます。

 

 

「どうして心配するのかな?」

「その人が大切だから。」

「その人には幸せでいて欲しいから。」

こんなふうに心配の奥にある、心配の元になった気持ちに気づきます。

「その人は大切な人。だから、幸せでいて欲しい。だから、心配したんだ。」とわかるのです。

 

 

「大切」

「幸せでいて欲しい」

心配の元にあった気持ちは「愛」だったわけです。

 

愛ゆえに心配していた。

このことに気づけると、愛を感じることが出来ます。

愛はレベル1です。

レベル1、愛の波動を発する本来の自分に戻るのです。

愛の波動を発すれば、現実は望むものに変わります。

引き寄せの法則は、同じ波動のものが引き寄せ合う法則なのですから。

 

 

 

 

ネガティブ感情の大元が「愛」とは思えないかもしれません。

でも、ネガティブ感情を肯定し、

ネガティブ感情の奥にある元の感情に気づくことを何度もしていると腑に落ちていきます。

どんな感情も、「愛から生まれている」と。

自分への愛だったり、大切な人への愛だったりと「愛から生まれている」と。

これが腑に落ちていくと、例え、ネガティブ感情が生まれても、愛に戻れてしまうのです。

 

 

引き寄せの法則を上手に使う人は、

実は、自分のネガティブ感情と向き合い、愛に戻り続けてきた人でもあるのです。

愛に戻り続けてきたから、

私たちの本質は「愛」だとわかっている人とも言えるでしょう。

愛に戻る感情のワークはこちら。
感情解放ワーク

 

 

 

感情のスケール(感情の22段階)は、

自分がどのレベルの波動を発しているのか教えてくれます。

そして、望みと自分の波動の「差」も教えてくれます。

望みを引き寄せられる自分にしてくれます。

ぜひ活用してください。

 

あなたが花ひらき、今ここの歓びを享受されますように。

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

引き寄せ
Grace.
タイトルとURLをコピーしました