初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

【罪悪感】罪悪感のトリセツ

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

今日は、罪悪感のトリセツ お話していこうと思います。

罪悪感は幸せの邪魔をする感情です。

罪悪感を感じたら、本当に罪悪感を感じることなのか疑っていきましょう。

罪悪感には3つのケースがあり、感じる必要がないのに感じさせられていることがあるからです。

 

では初めに、
罪悪感とは何だと思いますか?

罪悪感とは、
罪をおかした、悪いことをしたと思う気持ちです。

 

波動の視点での罪悪感は低い波動です。

感情の22段階スケールでみると下から2番目。かなり低く重い波動です。

罪悪感を感じていると幸せから遠ざかるのは、罪悪感が低い波動だからです。

こちらも合わせてどうぞ。
感情の22段階

 

罪悪感を感じる時、頭の中はネガティブな考えで忙しくなっています。

ネガティブな考えはエゴと言われるもので、怖れから生まれています。

実は、罪悪感はエゴが作り出した想像・幻なのです。

思考が忙しい時は、思考を静め、ニュートラルになり、冷静に物事を観ましょう。

こちらも合わせてどうぞ。
思考を静め自分に繋がる呼吸法

 

私たちが罪悪感を感じる時、主にこの3つのどれかに当てはまります。

①自分がしたことによる罪悪感

②人から背負わされた罪悪感

③高い共感力で人から貰った罪悪感
(HSP・エンパス)

②と③は、そもそも感じなくてもいい罪悪感です。

そして、①のケースも罪悪感を感じるのではなく、罪悪感の元の感情に気づけると状況は好転していきます。

罪悪感は幸せを邪魔するものです。

気づいたら、適切に対処して幸せに戻っていきましょう。

 

 

では、3つのケースを説明していきます。

①自分がしたことによる罪悪感

①の罪悪感は、自分がしたことで誰かを傷つけた、不利益を与えてしまったという思いから生まれています。

では、「なぜその人に罪悪感を感じるのでしょう?」

考えてみてください。

その人が大切な人、もしくは、愛している人だからではないでしょうか?

自分にとって関心のない相手、関係性の薄い相手には罪悪感を感じることは少ないものです。

そして、大切な人、愛している人には罪悪感を感じやすいのです。

罪悪感の元は愛だからです。

 

でも、エゴは愛を隠し、罪悪感を感じさせます。

罪悪感を起点とした考え、行動をさせ、さらに幸せから遠ざけます。

エゴは罪を負わせるからです。

 

大切なのは、愛があるから罪悪感を感じるということです。

罪悪感を感じるのではなく、愛を感じることが大切なのです。

そして、愛を起点とした考え行動を選び、幸せを創造することに意識を向けることが大切です。

愛は高い波動です。

愛を起点とした考え行動は全てを癒し、お互いにとっての幸せを創造するからです。

 

もし、自分がしたことに罪悪感を感じるなら、罪悪感の元である「愛」に気づきましょう。

自分の中の愛を見つけて感じましょう。

もし出来るなら、その愛を身体全体に広げ、愛に浸りましょう。

愛に気づき、愛を感じると、心が落ち着き満たされていきます。

その時に浮かんだ考え行動を選んでいくのです。

愛からの考え、愛からの行動は、愛の現実を創ります。

罪悪感を感じたら、愛を見つけましょう。

こちらも合わせてどうぞ。
罪悪感が生まれる理由

 

 

②人から背負わされた罪悪感

②の罪悪感は、人をコントロールしたい人によって感じさせられた偽物です。

例えば、
「あなたのせいで傷ついた。」と言う人がいます。

「あなたのせいで」
「あの人のせいで」
「あの事のせいで」

「~のせいで」この言葉は、自分を被害者の立場に置き、相手を加害者にします。

自分を被害者(弱者)にすることで相手を加害者に出来るのです。

これは支配のコミュニケーションです。

なぜなら、加害者にした人に罪を感じさせ力を奪い自分の欲求を叶えられるからです。

このコミュニケーションをする人は、子供の頃に被害者(兄弟喧嘩等)になり利益を得た経験をしています。

 

弱者を装う為、支配のコミュニケーションには気づきにくいです。

でも、健康な自己肯定感を持っているとわかります。

「自分に非はないのにおかしい。」
「なぜこちらのせいにされるんだ!」

相手の不当がわかり怒りを感じるからです。

この人には関わらない方がいいとわかり、境界線を引き、拒絶や無視が出来ます。

 

でも、自己肯定感が育っていないと支配のコミュニケーションに捕まりやすいです。

自信がないので「私にも悪い所があったのかも」と自分の非を探してしまうからです。

「~のせいで」この言葉を使う人には注意しましょう。

不当な罪悪感を負わせてくる人だからです。

また、支配のコミュニケーションはダブルバインド(呪いの暗示)など他にもあります。

こちらも合わせてどうぞ。
自己肯定感とは?
自分を幸せにする心の作り方
呪いの暗示

 

 

③高い共感力で人から貰った罪悪感(HSP・エンパス)

③の罪悪感は、他者の罪悪感を自分の感情だと間違えているケースです。

共感力の高いHSP・エンパスの人に多いです。

HSP・エンパス性質がある人は、「人の罪悪感では?」と疑うようにしてください。

周りに罪悪感が強い人はいませんか?

親、友人、同僚など。

罪悪感を感じやすい場合、その人の罪悪感を貰っているかもしれません。

「人の罪悪感では?」と疑い、貰ったものと気づいたら持ち主に返しましょう。

「持ち主にお返しします。」こう言うだけでOKです。

こちらも合わせてどうぞ。
人の感情をもらっていませんか?

 

HSP・エンパスの人は境界線が薄いので②のケースも注意を。

感度の高さを自分を守る方向に使ってください。

こちらも合わせてどうぞ。
HSP・エンパスが人間関係で気をつけること

 

 

初めにお話しましたが、

罪悪感はとても低い波動であり、エゴが作り出す幻でしかありません。

罪悪感を起点にするのではなく、愛を起点にして現実を創るようにしてください。

そもそも、罪悪感は不要なものなのですから。

 

こちらも合わせてどうぞ。
罪悪感はエゴによる幻です
罪悪感が生まれる理由

 

今、他国では戦争が起こり、不安を感じやすい状況にあります。

でも、私たちは集合無意識という心の深い所で繋がっています。

だからこそ、心穏やかでいませんか?

あなたの穏やかな心が、遠い国で不安を感じている人に良い影響を与えます。

まずは、自分から心穏やかになり、愛の考え、愛の行動を選んでいきませんか?

 

花ひらき、今ここにある歓びを溢れるほど受け取ります。

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

幸せマインド
Grace.
タイトルとURLをコピーしました