初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

罪悪感のトリセツ

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

今日は、罪悪感のトリセツ お話をしていこうと思います。

まず初めに、罪悪感という言葉の意味から理解していきましょう。

罪悪感とは?

罪をおかした、悪いことをしたと思う気持ち。goo辞書より

 

悪いことをしたと思う気持ちですから、

自分がしたことで

誰かや社会に

迷惑をかけた、傷つけてしまったと感じる気持ちが罪悪感です。

 

そして、エネルギーの視点での罪悪感は重くて黒いです。

また、感情の22段階では21。22段階中の下から2番目のかなり低い波動の感情です。

こういったことから、罪悪感は人生は停滞させ、良い方向に行かなくさせる感情なのです。

罪悪感を感じたら即対処!これが幸せ創造のコツなのです。

 

 

そして、罪悪感には2種類あります。

人に負わせられた罪悪感自分による罪悪感です。

向き合うべき罪悪感は自分による罪悪感です。

人に負わされた罪悪感は、そもそも自分のものではないので向き合う必要はありません。

コントロールしたい人によって負わされたものだからです。

でも、残念ながら・・負わされている人多いです。

もし、罪悪感を感じたら、どちらの罪悪感かチェックしてくださいね。

 

 

人に負わせられた罪悪感、もう少し詳しくお話していきます。

人に負わせられた罪悪感とは、

コントロールしようとする人によって感じさせられた感情です。

罪悪感を感じさせることで力を奪えるからです。

力が無くなれば、思うようにコントロール(支配)出来ますから。

(意識的にやっている人もいますが、無意識でやっている人も多いです)

 

例えば、
「あなたのせいで傷ついた。」と相手のせいにする人がいます。

「~せいで」は、自分を被害者にして相手を加害者に仕立てます。

被害者になることで相手の力を奪い、自分の欲求を叶えるのです。

深層心理では、支配のコミュニケーションなのです。

 

このコミュニケーションは気づきにくいです。

被害者になることで相手を加害者に仕立てているとは思いませんから。

でも、健康な自己肯定感・尊重感を持っている人はこのコミュニケーションに違和感を感じます。

自分に非はないとわかるので、拒絶したり、無視することが出来るのです。

でも、自己肯定感・尊重感が低いとつかまってしまいます。

境界線が薄いNOが言えない優し過ぎる・自己否定がある場合もです。

罪悪感を感じる必要はないのに、自分にも悪いところがあったのでは?と悩んでしまうのです。

 

では、どうしたらいいのでしょう?

それは、日頃から自分を大切にすることです。

自分を大切にすると自己肯定感・尊重感が育つのです。

自己肯定感・自己尊重感は自分を大切にすることで育っていきます。

例えば、日頃から自分を労わる言葉やケアをする。それでいいんです。

こちらも参考に。
自分を愛するにはどうすればいいですか?
あなたをブスにする人と一緒にいませんか?
境界線と自尊心

 

そしてもうひとつ、身体を元気にしましょう。

栄養のある美味しいものを味わって食べましょう。

身体が元気になるとエネルギーが増えます。

すると、それが雰囲気として現れ、支配するような人は近づいて来なくなるのです。

美味しいものを「おいしい~♪」と食べている人のエネルギーはピカピカしていますから。

こちらも参考に。
ちゃんと食べるちゃんと休む
食から身体の気を整える

 

 

そして、人に負わせられた罪悪感にはもうひとつあります。

それは、人の罪悪感をもらっている場合です。

 

例えば、
近くにイライラしている人がいて、自分もイライラしたなんてことありませんか?

これは、脳の神経細胞の一種であるミラーニューロンの働きによるものです。

ミラーニューロンは、「意識を向けた相手の真似をする」という性質があります。

動作や表情といった表面的なものだけではなく、相手の意図や感情までなぞることがわかっています。

罪悪感を感じている人に意識を向けると、相手の罪悪感を感じているのに自分のものと錯覚してしまうのです。

相手の罪悪感をもらってしまうのです。

 

興味深いのが、親が罪悪感を感じやすいと子供も罪悪感を感じやすい傾向があります。

子供にとって親は最も身近で意識を向ける相手であるため、親の感情パターンをもらってしまうのです。

また、共感力が高いHSPはミラーニューロンの働きが活発なことがわかっています。

HSPにとって、「自分の感情」か「人の感情」か、識別する力を持つことが大切になります。

 

人からもらった罪悪感の対処法は、

まず、自分の罪悪感かどうか認識することです。

罪悪感を感じるような出来事がないのに気持ちが沈むのなら、もらっています。

人のものだとわかったら、脳の繋がりを切っていきましょう。

「ネットワーク切断」と口にすることで脳が認識し繋がりを切ることができます。

また、「この罪悪感は持ち主に返します」も効果があります。

共感力が高い人は、数人の脳と繋がっていることもありますから普段から意識するといいですよ。

こちらも参考に。
その感情自分のものですか?

 

 

最後に、自分による罪悪感ですが、これは向き合うことをお勧めします。

そして、なぜ罪悪感が生まれるのでしょう?

それは、罪悪感を感じる対象を大切に思っているからではないでしょうか?

そしてそれは、愛なのではないかと思います。

罪悪感は力を奪いますが、愛は力を与えます。

傷つけたと罪悪感を感じるのではなく、罪悪感の元である「愛」に視点を移しましょう。

罪悪感の大きさと同じ大きさの愛があるのですから。

そして、愛から謝罪の行動をしていくことです。

愛があるところに奇跡は起こりますよ。

愛を感じて行動してみてください。

こちらも参考に。
罪悪感が生まれる理由

 

人生の時間は有限です。

大切な時間ですから幸せに使っていきましょう。

※1年前の記事に加筆修正しておおくりしました。

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

人間関係
Grace.
タイトルとURLをコピーしました