初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

感情をぶつけてくる人にどう対処したらいいですか?

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

さて今日は、
「感情をぶつけてくる人にどう対処したらいいですか?」

とのご質問にお答えしていこうと思います。

 

たまにいらっしゃいますね。

感情をぶつけてくる人。。

 

こういう人への対処で覚えておいてほしいのは、

相手の感情は相手のものということです。

 

相手の感情は相手のものだから

受け取ってもいいし、受け取らなくてもいい。

その選択肢は自分にあるということです。

 

受け取りたくないなら受け取る必要はないのです。

人の感情を受け取るゴミ箱にならなくていいということ。

スルーしていいのです。

 

 

例えば、

誰かが鼻を噛んだテッシュを投げてきたとします。

どうしますか?

受け取りますか?

避けますか?

 

わざわざ受け取ることはしないと思います。

避けますよね。

感情もこれと同じです。

感情は相手のものでしかありませんから、避けていいんです。

 

 

ただ、怒っていると、

エネルギーの影響でこちらも嫌な気分になることはあります。

でも、こちらの嫌な気分は自分のものです。

 

相手の感情は相手のものと同じように、

自分の感情は自分のものなのです。

 

自分のものなので変えることが出来るのです。

 

では、どうやって変えるか?

これは、いくつも方法があります。

 

まず、相手の感情は相手の所有物だから、

受け取ってもいいし、受け取らなくてもいい。

その選択肢は自分にあるから避けていいと思えると楽になると思います。

 

 

 

さらに、心の仕組みの「投影」の考え方を活用して、

自分は、怒りをどう捉えているか?自分と向き合っていくのです。

例えば、怒りの感情を嫌っていれば、怒っている人を嫌うでしょう。

反対に、怒りの感情を肯定していれば、怒っている人を肯定的に見れるので影響されることはないのです。

「怒りたくなることもあるようね~」と流せるのです。

 

 

お仕事の場で感情をぶつけるのは精神年齢の幼い人と言えますが、

それに対して「どう対応するか」自分の在り方は自分で選べるのです。

 

相手の感情は相手のもの

自分の感情は自分のもの ですから、

相手の在り方は相手が決めること

自分の在り方は自分で決めることですから。

 

 

そして、幼い人というのは、自分のことしか考えられないのです。

 

人の成長には3つのステージがあるのですが、

1. 自分のことしか考えられない。

2. 自分と相手の両方に配慮できる。

3. 自分と相手と、さらにふたりを取り囲む人間関係・環境まで配慮できる。

 

今回の場合、ステージ1の人なのでしょう。

2・3ステージの人は1ステージの人に苦慮することも多いものです。

 

 

人間関係の悩みを持つ時、

相手がどのステージに居る人かわかると対応策が見えてもくるものです。

こちらも参考に。心の3つのステージ

 

 

まずは、

相手の感情は相手のものだから

受け取ってもいいし、受け取らなくてもいい。

その選択肢は自分にある。

これを覚えておいてください。

 

そして、投影に気づいてみたり、
相手と自分のステージに気づくことも、
どう対応していくといいのかわかってくるものです。

 

 

最後に、感情のゴミ箱になる必要はありません。

なぜなら、大切なあなたなのですから。

大切な自分だからこそ、どんな対処が幸せか?考えてみてください。

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

人間関係
Grace.
タイトルとURLをコピーしました