初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

引き寄せの法則から自分を生きるへ

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

今日は、引き寄せの法則から自分を生きるへお話していこうと思います。

 

10数年前ぐらいからでしょうか、
引き寄せの法則が話題になっていったのは。

そして、この数年は引き寄せの法則から
自分を生きるへシフトしている人が増えているように感じます。

また今、コロナウィルスによって自分の幸せに向き合うことにもなっていますから、
さらに多くの人が自分を生きるへシフトしていかれると感じてもいます。

 

 

自分を生きる。

自分らしく生きる。

自分の幸せが何か知り、それを大切に生きる。

 

実は、このマインドになると引き寄せの法則への興味が薄れていきます。

なぜなら、意識が外側から内側へと向き、

欲しかったものは既にあったと気づき、

満たされたマインドになるからです。

 

 

興味は薄れていくけれど、

現実化が自然に起こるようになってもいくのです。

 

これまでもお話してきていますが、

自分になればなるほど(戻れば戻るほど)満たされたマインドになります。

そのため、望みがすんなり現実化していくようになるのです。

 

 

 

先日、心の3つのステージについてお話しました。

心の3つのステージは魂の3つのステージ。

そして、魂の成長プロセスです。

ステージが上がるほどにエネルギーのノイズは少なくなっていきます。

(ノイズとは低い波動の感情制限のマインド・思い込みです)

 

 

ノイズが少なくなるので、

本来のピュアな愛のエネルギーに戻っていくのです。

愛のエネルギーは調和波動

全てが調和し始め、すんなりと現実化していくようになるのです。

 

 

 

心の3つのステージ。

①思考のステージ
②ハートのステージ
③魂のステージ

 

始めのステージである①思考のステージは、

制限となる思い込みを多く持っています。

そのため不足・不満を感じます。

不足を感じるので、引き寄せの法則に魅かれるようになるのです。

 

 

そして、引き寄せの法則とは同じ周波数のものが引き寄せ合うということ。

①ステージの不足マインドで引き寄せるのは不足の現実となってしまいます。

 

そこで、引き寄せを成功させるために満たされたマインドになろうとし、

自分に向き合い感情解放する流れになっていった人が多かったのだと思います。

(引き寄せの法則を発信している方も、心のワークを紹介されていましたね)

 

 

今思うと、引き寄せの法則は多くの魂が自分に戻る目覚めの後押しになっていたように思います。

①思考のステージから

②ハートの愛と感謝のステージに進む後押しに。

 

今回のコロナウィルスもまた、
ある意味、後押しの側面もあるのではないでしょうか?

多くの魂が目覚めへと導かれているように思うのです。

なぜなら、人は困難な状況になった時に初めてほんとうの思いに気づくからです。

 

 

自分がほんとうにしたいのは、

怖れからの行動ではなく、

愛からの行動だと選ぶ人が増えていると思います。

愛を選びたい。

この思いに気づくことが目覚めなのですから。

 

 

今、愛を選ぶ目覚めの時を迎えている人が多いと思います。

そして、目覚め・変化は怖れを伴うものですが、

怖れが生まれるということは、それだけ望んでいる ということなのです。

 

 

すこしイメージしてみてください。

 

もし、その望みで生きていけるなら、そこにどんなあなたが居ますか?

 

そのあなたはどんな気持ちで生きていますか?

 

そして、その未来のあなたは、今のあなたにどんなアドバイスをくれるでしょう?

 

ハートに手を置いて、ゆっくりハートからの声を受け取ってみてください。

 

 

そして、このブログを読んでくれているあなたは、もうすでに気づいていると思います。

大丈夫だということを。

 

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

引き寄せ
Grace.
タイトルとURLをコピーしました