初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

幸せな人間関係の秘訣。苦手な人が大好きな人に変わってしまうのです

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

今日は、幸せな人間関係の秘訣をお話していこうと思います。

これが出来たら幸せな関係は作れる!という奥義とも言えますね。

 

 

人間関係のお悩みは多いです。

人間関係で悩まない人はいないと言っていいでしょう。

「この人は苦手だわ~」ということあると思います。

そして、これからお話する奥義を獲得できると苦手意識は消えていきます。

さらに、苦手な人が大好きな人になることも起こります。

では、その体験をされたクライアントさんのお話を。

 

 

クライアントさんは、上司の方が会社で1番苦手だったそうです。

私から「その人のどんなところが苦手ですか?」とお聴きすると、

「 目の奥が笑わない感じ 」と。

その目を見ると、怯えて言いたいことが言えなくなるのだそうです。

 

怯えですから、苦手度合いもかなりのものです。

でも、あることをしていただいたら、わずか数週間で上司との関係は激変しました。

会社で1番苦手だった人が1番信頼出来る大好きな上司へと180度変わってしまったのです。

何をしたのでしょう?

 

クライアントさんとのメールをそのまま載せさせていただきますので、

皆さんも苦手な人のことを考えてみてください。

きっと何かしらの気づきと変化が起こると思います。

Aさん、メールを掲載すること了承くださり有難うございます。

 

********

 

彼が嫌いではないし、いいところがあるのもわかってるんですが、

頭のキレるビジネスマンであり、目の奥が笑わない感じのする、一見温かみのない人です。

でも、ほんとはそんなことなくて、

実はすごく臆病だから牽制してるだけなのもどこかでわかってるんです。

表には出さないけど、愛のある人なのもわかってるつもりです。

でも過去何年かの付き合いの中で傷ついたこともあり、

言い返すのが苦手なわたしは、彼の前では昔は今よりもっと怯えていました。

 

********

そして、このメールにした私からの返事は。

********

 

上司の方のこと、Aさんはよく理解できています。

そしてね、Aさんは傷ついたかもしれないけど考えてみてもらえる?

Aさんならできるから、提案しますね。

目の奥が笑ってない人って他にも世の中にいますよね。

でも、赤ちゃんで目の奥が笑ってない子はいないわよね。

どうして、彼らは目の奥が笑わなくなったのかしら?

にこにこしてたはずの赤ちゃんが、

大人になる間に何があって、目の奥の温かさを無くすのかしらね。

Aさんだから、考えてみてもらいたいと思います。

 

********

Aさんからこのようにお返事をいただきました。

********

 

いただいたメール、落ち着いて、お部屋で考えてみました。

目の奥が笑っていない人。

愛が足りていないんだと思います。

子どもの頃に、たっぷりの愛情を感じられなかったとか、

大人になって人に裏切られたとか、どこかで人が信じられない。

信じることへ怖さがある。

こころを解放できない人だと思います。

ありのままの自分を愛されていると感じられない。

ありのままの自分を解放できない。したことがない。

根本は家族、特にご両親との関係で愛情が足りなかったのかなと。

 

********

初めのメールに書かれているように、Aさんは上司の方の良い所もちゃんと観えていました。

でも、目の奥が笑っていない。

そう感じたことで、Aさんは、その人の良い所より苦手な所に意識が向いてしまいました。

そして、怯えという反応をしていました。

 

これは、

良い所 < 悪い所

良い所より悪い所にフォーカス。

その結果、怯えるという反応に至っている。

 

私からは、その人の歩んできた人生・背景まで考えてもらうことにしました。

目の奥が笑っていない赤ちゃんはいません。

上司の方の人生のどこかで、目の奥が笑っていないことになったのです。

目の奥が笑っていない人になったのはなぜか?

どんなことがあってそうなったのか想像してみるということです。

 

 

言わないだけで誰にも人生という物語があります。

生まれてから何十年という時間の物語を私たちは誰もが持っています。

冷たい人だから生まれた時から冷たい赤ちゃんということではなく、

無邪気に笑っていた赤ちゃんが、

人生の中で何かしらの体験をして、冷たい人になった。

冷たくなってしまう理由があるのです。

 

 

おうおうにして私たちは、

その人の一面だけを見て「この人はこういう人」と決めつけています。

誰にもいろいろな面があります。

人間とは多面的なのです。

 

「この人はこういう人」と決めつけることは、その人を真に理解しないこと。

多面的なその人の一面しか見ていないのですから。

でも、その人を多面的に理解しようとすると人間関係の悩みは消えていきます。

なので、クライアントさんいは、

一側面の見方から、人生の物語という見方へと多面的に上司を見て頂くことにしたのです。

 

 

見方を変えていただくと、上司の方との関係は激変していきました。

上司の方からは、出張先にまで今までにない優しい応援メールを送ってくださったり、

他にも、今までなら考えられないようなサポートまであり、

数週間の間に、まったく違う信頼関係を築かれることになったのです。

 

 

 

私たちは「この人はこういう人」という見方をします。

これは、その人に「こういう人」というエネルギーを注ぐことです。

エネルギーの法則では、注いだエネルギーと同質の現実を創造します。

 

でも、見方を変え、気づいていなかった新しい側面も見えてくると、今までの「こういう人」ではなくなります。

『人生の物語』の見方に変えると、殆どの方が『愛の見方』で人を見るようになります。

これは、愛のエネルギーを注ぐことです。

愛を注ぐのですから愛と同質の愛の現実を創り出すわけです。

 

その時にAさんに送ったメールも載せますね。

 

********

 

Aさんが、上司の方の生きてきた物語にまで考えることができたので、

Aさんの気持ちが変わり、

上司の方との間に流れるエネルギーが変わり、

彼の優しい心遣いの場面にもAさんは気づけました。

これは、Aさんが上司の方に向けて発していたエネルギーが変わったので

彼のエネルギーも変わったんです。

人間関係は、エネルギーで見ると化学反応と似ているんです。

 

********

 

人間関係は化学反応です。

こちらの見方。それが、相手との関係を創造しています。

なぜなら、現実を創造しているのは自分ですから。

現実を創造している自分のエネルギーが変われば、おのずと現実は変わるのです。

 

 

幸せな人間関係を創る奥義は、

「この人はこういう人」という『一側面の見方』から、

この人は、「どういう人生を経験してきたのだろう?」と『人生の物語という見方』に変えていくことです。

 

 

苦手だと感じる人がいたら、

「人生でどんな経験してきたんだろう?」

「どうした、苦手な側面を持つことになったのだろう?」

そんなふうに考えてみてください。

 

 

クライアントさんは、転職をお考えでした。

それが、今では新しいプロジェクトを任され生き生きと働いていらっしゃいます。

さらに「あなたがいると安らぐ」と皆さんの癒しの存在にもなられています。

辞めたいとまで思っていた会社が、幸せな居場所に変わられたのでした。

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

人間関係
Grace.
タイトルとURLをコピーしました