初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

境界線。人とのほどよい距離のとりかた

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

あたたかい!と思っていたら、朝晩の気温が下がり花冷えですね。

どうぞご自愛ください。

 

さて今日は、境界線のお話をしていこうと思います。

では初めに、よく聞く「境界線を引く」とはどういうことだと思いますか?



境界線を引くとは、

自分の周りにぐるりと線を引き、自分の心を守ることです。

イメージしてみてください。

自分を囲むようにぐるりと線を引き、その線によって自分の心が守れていると。

 

例えば「家」です。

家の壁や屋根が雨や風から守ってくれます。

境界線は、この役目をしています。

 

ということは、

境界線が引けていないと、雨や風が自分の中に侵入してきてしまうわけです。

自分の心が守れないのです。

境界線が引けていないのは、とても無防備な状態なのです。

 

例えば、お仕事でこんなことありませんか?

自分の仕事で手一杯の時に「この仕事も頼むね!」と言われるなんてこと。

境界線が引けていないと、

手一杯なのに請け負ってしまいます。

ランチも取らずに仕事をし、さらに何時間も残業してこなすことになったり・・。

 

でも、境界線が引けていると、

「今忙しいので出来ません。」

「今は、A社の案件をしていて時間がありません。明日でしたらできますが、それでいいですか?」

こんなふうに「断る」「折り合いをつける」ことができます。

 

いかがでしょう?

境界線が引けていない、引けているで、対応が変わります。

境界線が引けていないと、自分の心を守ることができません。

境界線が引けていると、自分の心を守ることが出来ます。

 

境界線を引くとは、

自分の周りにぐるりと線を引き、自分の心を守ることなんです。

 

お仕事でもプライベートでも、

境界線を引くことは自分を守ることで、自分を大切にすることなんです。

 

また、境界線を引くうえで、

私はここまではするけど、ここからはしないと、

自分が出来ること出来ないことを知っておくことも大切です。

また、これは相手の問題で、自分の問題ではないと問題の持ち主が誰か明確にできることも大切です。

 

HSPは感度の良い神経システムを持っているので、

相手の気持ちに共感しすぎてしまい境界線が薄くなりがちです。

また、不安感を感じやすかったり、人に嫌われることが怖い人の場合も、

境界線の問題を抱えやすくなります。

 

境界線が薄いな・・、引けてなかったな・・と思われたら、

イメージの中で、何度も自分の周りにぐるりと線を引きましょう。

何度もイメージすることで潜在意識にインプットされていきますから。

また、NOのワークお断りのリハーサルも効果がありますからぜひしてみてください。

また、断ることに罪悪感を感じる人もいますが、罪悪感を感じる必要はありません。

もし、罪悪感を感じるのなら、それは罪悪感を感じさせられているのかもしれませんよ。

 

境界線は自分の心を守るもの。

ぜひ、ほどよい距離をとりましょう。

こちらも合わせてどうぞ。
罪悪感のトリセツ
自分軸を育てるNOのワーク
人間関係。NOと言うことは自分を守ること

いつもありがとうございます。
あなたが光り溢れますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

人間関係
Grace.
タイトルとURLをコピーしました