初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

喜怒哀楽が教えてくれるもの

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

さて今日は、喜怒哀楽のお話をしていこうと思います。

※過去記事に加筆し再掲載致します。

 

なぜ喜怒哀楽のお話をするのかというと、

私たちはその感情がなぜ生まれたのか、意外と知らないのではないでしょうか?

そして、感情に振り回されて困ることありませんか?

でも、感情のことが理解できると、うまく付き合えるのではないでしょうか。

 

では、喜怒哀楽の感情はどんな時に生まれるのかお話していきますね。

 

喜は喜びです。

喜びは、あるがままの自分でいられている、本来の自分である時に感じます。

特に、魂のままの自分である時、とても深い喜びが湧いてきます。

 

怒は怒りです。

怒りは、自分が傷つけられた時に起こる防御の感情です。

怒りを嫌う人が多いですが、実は、自分を守るための感情なんです。

そして、心理学では怒りは第二感情と言われます。

実は、怒りの前にほんとうの感情(第一感情)が生まれています。

悲しさ、寂しさ、恥ずかしさ、不安、困惑、恐れといった第一感情が生まれているのです。

怒りはこれらの感情を隠す感情とも言えるのです。

 

哀は悲しみです。

悲しみは、自分の繊細な心が苦しんでいる時に感じます。

悲しみは心のSOSと言えます。

そして、怒りの奥に悲しみが隠れていることも多いのです。

 

楽は楽しさです。

楽しさは、自分の感覚・才能を思いっきり使えている時に感じます。

自分である、自分らしくいられているので内側から満たされる感覚もあります。

 

 

いかがでしょう?

怒りの説明が長くなっていますが、

怒りが第二感情だなんて、怒りの奥に第一感情が隠れているなんて知っていましたか?

傷つけられた時に自分を守るために生まれる怒りって、姫を守るナイトみたいですね。

 

怒りはとてもエネルギーが大きい感情です。

人に恐怖を感じさせたり、関係を壊すこともありますから、

怒りは出してはいけない、持ってはいけないと、怒りを嫌い、抑圧する人も多いです。

でも、怒りが自分を守る感情で、怒りの奥にほんとうの気持ちが隠れているとわかると、

怒りの見方が変わってくるのではないでしょうか?

そしてまた、怒りが大きなエネルギーだからこそ、害となる関係や環境から自分を救えるのだと思います。

 

 

どの感情にも生まれる理由があります。

ポジティブ感情、ネガティブ感情と言いますが、どの感情も大切な感情です。

実は、この感情は感じたくないからと抑圧すると、他の感情も抑えられてしまいます。

怒りを抑圧すると、喜びや楽しさまで抑えられてしまうのです。

人生の歓びを感じにくくなってしまうのですね。

 

 

どの感情も私たちを生き生きさせるために生まれています。

感情のことを理解していくと、

感情とバランスよく付き合えるようになっていきます。

生まれてきた感情を感じて、

感情が伝えようとしていることを受け取っていければ、

自分らしい幸せな人生を創造していけるのです。

 

こちらも合わせてどうぞ。
そもそも感情とは何?
女性性・男性性の特性
感情は望みを教えてくれるサイン

 

いつもありがとうございます。
あなたが光溢れますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

幸せマインド
Grace.
タイトルとURLをコピーしました