初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

人は貼られたラベルに応えようとする

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

さて今日は、人は貼られたラベルに応えようとすることお話していこうと思います。

 

貼られたラベル。

さて、これはどういう意味だと思いますか?

 

こんなふうに言うことはありませんか?

「Aさんは優しい人」

「Bさんは意地悪な人」

〇〇さん=〇〇な人

これがラベルを貼るということです。

 

Aさんに「優しい人」というラベルを貼っているのです。

Bさんに「意地悪な人」というラベルを貼っているのです。

 

そして、人は、貼られたラベルに応えようとする性質があります。

優しい人というラベルを貼られると、優しい人であろうとするのです。

意地悪な人というラベルを貼られると、意地悪な人であろうとするのです。

 

 

 

ちょうど杉咲花さんのドラマ「恋です!」でも、これはラベルだな~と思うシーンがありました。

 

地元でも有名な札付きのワル「黒ヒョウのモリ」と言われるヤンキーの森生(もりお)。

森生も「親にも見捨てられて学歴もないし、誰にも信じてもらえない、俺、そういう奴なんです」と自身のことを言います。

でも、杉咲さん演じる弱視のユキコは「森生はものすごく不器用で口下手なだけで、ほんとうは全然悪い奴じゃない」と言うのです。

そして、それを聞いた森生がぽろぽろと泣くのです。

 

これ、森生は周りからネガティブなラベルを貼られていたわけです。

そして、自分で自分にもネガティブなラベルを貼っています。

でも、ユキコは森生のラベルを貼り替えました。

森生は「ほんとうは良い人」というラベルに貼り替えたのです。

 

「不器用で口下手なだけ」と、自分のほんとうの姿をわかってくれる人、

ほんとうのラベルを貼ってくれる人に出会ったら泣いちゃいますよね。

きっと森生は、ユキコのラベルに応えようと頑張るんだろうな~と思ったのです。

森生にとってユキコは、綺麗な鏡で映し出してくれる人なんでしょうね。

 

 

 

「半径5メートルの関係」のお話で、

ごく身近な関係が幸せだと、

人生は幸せなものになるというデーターがあるとお話しました。

 

でも、身近な関係だから、遠慮がなくなる、甘えが出ることもあると思います。

それが、ネガティブなラベルを貼ることになってもいて、

関係が上手くいかなくなる原因であることもあるのです。

 

 

こちらのお話(苦手な人が大好きな人に変わってしまうのです)も、

セッションであるアドバイスをさせて頂いたら、

大嫌いな上司が大好きな上司に変わってしまいました。

貼っていたラベルが変わったからなのです。

 

 

 

相手をどう見ているか?

相手にどんなラベルを貼っているか?

もし逆に、そのラベルを自分が貼られたらどんな気持ちがするか?

そんなことを考えてみると、幸せな関係を創るために出来ることが見えてくると思います。

 

半径5メートルの関係だから遠慮が無くなったり甘えが出てしまいがち。

でもだからこそ、その関係で幸せが創れるなら、人生は幸せになっていくのだと思います。

 

こちらも合わせてどうぞ。
しあわせな関係をつくる「身につけたい7つ習慣」
愛を伝える5つの方法
【ワーク】人間関係を癒すワーク

 

いつもありがとうございます。
あなたが幸せでありますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

人間関係
Grace.
タイトルとURLをコピーしました