初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

パートナーに無条件の愛を求めていませんか?

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

花壇から鉢に植えかえたガーベラに蕾が4つも出来ていました。

鉢植えにして陽当たりの良い場所に移動したのがよかったみたいです。

植物は正直ですね。

自分に合った場所に置かれると蕾をいっぱいつけるのですから。

 

 

今日は、パートナーとの関係のお悩みから、

無条件の愛を求めること、お話していこうと思います。

 

いかがでしょう?

無条件の愛を相手に求めていませんか?

 

パートナーとの関係で悩んでいる方のお話を伺っていると、

無条件の愛を相手に求めていることがあります。

 

無条件の愛。

無条件に愛されたらいいですよね。

ドラマで「どんな君も愛してる!」なんて言っている主人公にキュンとなったりしますし。

 

でも、ちょっと待ってください。

ドラマだから言えるけど、現実では?

私たちは、ほんとうに無条件に愛せるんでしょうか?

現実的には、かなり難しいと思いませんか?

 

 

実は、この無条件の愛を求めてしまう現象、キリスト教の影響なのだそうです。

戦前の日本には、無条件の愛という概念はなかったそうです。

戦後、急速に入ってきた欧米のドラマ・映画・本(キリスト教がベース)によって、

「愛=無条件の愛」という思い込みが出来てしまったそうなのです。

 

母性神話もそうですね。

※「母性神話」とは、母親は自分のことはさておき、子どもに尽くすことが母親の愛(母性愛)であり、女性にはそんな「母性本能」が備わっているという説です。
そして、今もなお、この母性神話で多くのお母さんが自分を責めてしまっています。

 

 

心理学の先生から、このことを教わったとき「なるほど!」と思いました。

そして、私たちはあらゆるものから思い込みを作ってしまっていることに気づかされました。

 

なので、無条件の愛を求めていても自分を責める必要はありません。

思い込んでしまっただけですから。

そして、思い込みは変えられますから。

 

 

もし、パートナーとの関係で苦しいのなら、

「相手に無条件の愛を求めていないか?」

「自分は相手を無条件に愛せるのか?」

この2つを考えてみると「愛=無条件の愛」の思い込みがゆるんでくると思います。

思い込みがゆるむと、悩みもゆるんできますよ。

 

 

 

私たちは、欠点があるのが当たり前。

私たちは未熟なのです。

嫉妬もするし、思わず嫌味を言っちゃうこともあるし、嘘をつくこともあります。

それが人間なんです。

 

ある心理実験の調査で、人は自覚なしに1日に200回も嘘をついていたそうです。

嘘をつかない人はいないんです。

完璧ではないんです。

 

 

愛で悩んだら、未熟なお互いが出会っていることを思い出してください。

欠点がある未熟な私たちだから、お互いを補い合って支え合うことが出来るのではないでしょうか?

パートナーと違いがあるから面白い。

違いがある二人だから、お互いを理解したいと思うのではないでしょうか?

そしてそれが、愛を育むのだと思います。

 

もちろん!
モラハラDVなど尊厳を傷つける相手からは離れることが最善ですよ。

 

 

今、世界は大きな変化の時を迎えています。

結婚のスタイルも多様化しています。

もちろん、パートナーとの関係も変化の時を迎えています。

変化の時だからこそ、

自分にとってどんな関係が心地いいのか、あらためて考える時が来ているようです。

 

こちらも合わせてどうぞ。
婚活その前に。親子関係の癒しを
愛を育てる
ほんとうの愛ほど気づきにくいもの

 

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

パートナーシップ
Grace.
タイトルとURLをコピーしました