初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

その不安感は栄養不足が原因かも

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

さて今日は、不安感は栄養不足が原因かも?お話していきます。

セッションでは、体調、睡眠、お食事のこともお聞きしています。

なぜなら、これらが原因でメンタルの不安定を起こしていることも多いからです。

こちらをどうぞ。
幸せの基本の基本、前提はちゃんと食べる、ちゃんと休む

 

 

セッションでお話を伺っていて気づくのは、

栄養不足がメンタルの不安定の原因では?と思うことがあるのです

 

なぜなら、朝食を食べていない、

3食食べているけど炭水化物が多く野菜やお肉が少ない、

スムージーで野菜は取ってますと言われるけど、たんぱく質が少なかったり。

そして、こういう方は概ね、甘いものがやめられないと言われるのです。

お仕事のデスクにお菓子の買い置きが入ってますという方も。

実は、甘いものがやめられないのはたんぱく質・ビタミン・ミネラルが不足していることも原因なのです。

栄養がとれていない状態で安定したメンタルはもちろん、やる気を出すのは難しいのです。

さらに、甘いものは血糖値のアップダウンとなり不安感を引き起こしますから。

 

 

幸せ創造にはエネルギーが必要です。

幸せ創造には心と身体にエネルギーが必要なんです。

そして、幸せホルモン・やる気ホルモンが出る身体であることも必要なんです。

 

幸せを感じる時、幸せホルモンが出ています。

やる気を感じる時、やる気ホルモンが出ています。

でも、このホルモンが出なくなることがあるのです。

それは、ホルモンの材料がない時です。

ホルモンの材料はたんぱく質・ビタミン・ミネラルです。

でも、これらの材料が身体に入ってこなかったら?

そう。幸せホルモン・やる気ホルモンが作れないから出ない。

だから、幸せを感じない、やる気が出ないとなるのです。

食事が原因であったのです。

 

幸せホルモンのひとつセロトニンの材料はトリプトファンです。
トリプトファンは、豆腐・納豆など大豆製品、チーズ・牛乳・ヨーグルトなど乳製品、米など穀類に多く含まれます。必要な量食べてなければ幸せを感じにくくなるわけなんです。

 

また、胃腸が弱いと栄養が吸収されません。

食べていても身体に栄養が届かず、排せつされてしまいます。

なので、元気な胃腸も大切です。

以外に思われるかもしれませんが、

幸せな心には元気な胃腸と十分な栄養の食事。これが大切なのです。

 

実際、食事を整えていただくと、

甘いものが欲しくなくなった、元気が出てきた、気持ちが安定してきたと言われます。

また、長年の胃弱や便秘が治った方もみえます。

必要な栄養がとれることでメンタルが安定するのですね。

 

実は、以前の私も胃腸が弱く不安感があったのです。

でも、食養生を教えていただき、ボーンスープ飲むようになり元気になったのです。

ボーンスープは骨付き肉と野菜を煮込んだものですが、消化吸収がいいのです。

なので、よく飲むのです。スープの作り方はこちら

また、鉄分補給にレバーの佃煮を常備菜に、卵は半熟卵でストックしたり。
(卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養全て入っているのでお勧めです)

また、調理に鉄卵を活用したり、腸活も兼ね発酵食品もよく食べます。

 

 

コロナ禍で不安を感じやすいですが、栄養不足による不安感かもしれません。

免疫力アップも大切ですし、食事を整えるいい機会かもしれません。

食が整うと心も整い元気になっていきます。

ご自身のために、食事、大切になさってくださいね。

こちらも合わせてどうぞ。
幸せの基本の基本
食養生。食から身体の気を整える
お勧め本「食べてうつぬけ」

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

幸せマインド
Grace.
タイトルとURLをコピーしました