初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

【開運】7月7日。七夕に願いを放つ

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

今日は7月7日。

七夕です。

七夕というと織姫と彦星の物語から、恋愛の願掛けする人もいると思います。

でも実は、何をお願いしてもOKなオールマイティな開運日なのです。

 

七夕の笹には、短冊の他にもいろいろな飾りをつけます。

子供の頃、折り紙で作りませんでしたか?

提灯や網飾り、輪飾りや巾着、吹き流しに折り鶴・・・。

 

この飾り、それぞれに意味があること知っていますか?

提灯には魔除け。
そして、みんなの心を明るく照らしますようにと明るい未来への願い。

網飾りは、大漁・豊漁・豊年・豊作祈願。

輪飾りは、人と人とのご縁が繋がりますように。
また、夢が続いていきますようにという願い。

巾着は、金運アップのための飾り。

吹き流しは、魔除けの意味があります。
鯉のぼりにも使われていますね。

折り鶴は、長寿を願う飾りです。

 

飾りには、いろいろな意味が込められているんですね。

そんなわけで、七夕はどんな願いごとをしてもいいオールマイティな開運日なのです。

 

そして、短冊には願いが叶う仕組みがあります。

唄に「五色の短冊」とあるように短冊は五色です。

この五色(白・赤・黒・黄・青)は、陰陽五行説の「木・火・土・金・水」にちなんでいます。

陰陽五行説では、自然界は木・火・土・金・水の要素で成り立っていると考えます。

五色の短冊を使うことで、この世界の構成要素全てのエネルギーを活用しているんです。

 

さらに、笹は邪気払いしてくれます。

邪気払いの笹に、いろいろな飾りをつけ、五色の短冊に願いを書く。

七夕祭りを紐解いてみると、願いが叶って当たり前の仕組みになっていることが分かります。

 

 

いかがでしょう?

この機会に、願いを放ってみませんか?

 

以前、脳科学の先生に、あることを教えて頂きました。

それは、願いが叶わない理由。

先生曰く、多くの人は願いを忘れているから、とのことでした。

 

こんなことありませんか?

年の始めに、今年こそは!と願いを書いた。

年末になって、そういえば年の始めにこんなこと願ったな~(忘れてた・・)なんてこと。

 

願いが叶わないのは、忘れているからなのです。

だから、願いを紙に書き、時々見ると叶うのです。

脳にインプットされるからです。

 

 

というわけで、パワフルなエネルギーが溢れる七夕の今日。

あなたの願いをノートに書いてみませんか?

短冊ももちろんOKですよ。

 

ただし、七夕の願いは「来年の七夕までに実現できること」です。

一年の間に叶えられることを書いていきましょう。

自分への宣言と考えてもいいでしょう。

この一年で、これを叶えるぞ!と自分と天に宣言する感じです。

 

そして、願い事をするときに大切なことがあります。

それは、自分の願いだけではなく、周りの人の幸せも願うことです。

 

神様は、周りの人の幸せも願う人が大好きです。

自分が今こうしているのは、いろいろな人のおかげだと感謝できる人が大好きです。

こういう人の願いは良いエネルギーを発しているので神様に届きやすいのです。

 

 

今日は七夕。

日本の風習にちなんで、願い事を放ってみてはいかがでしょう?

願い事と共に、周りの人へ感謝も出来たら素敵ですね。

 

こちらも合わせてどうぞ。
運気を下げない方法
お仕事で神様のサポートが入る人ってどんな人?

 

花ひらき、今ここにある歓びを溢れるほど受け取ります。

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

開運神様
Grace.
タイトルとURLをコピーしました