初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

【負の世代間連鎖】受け継いでいませんか?親・上の世代からの負の価値観

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

今日は、世代を超えた負の連鎖のお話をしていこうと思います。

こちらも合わせてどうぞ。
自分を縛る思考の声の対処法

 

自分と向き合っていくと、あることに気づきます。

あることとは、世代を超えて受け継がれている制限になる考え・価値観です。

 

自分を縛る思考の声の対処法の中でこう書いています。

 

********

自分に優しくゆったりと。

そう意図したのは、自分の中の この声に気づいたからです。

「だらだらしちゃダメ!」

「効率よく意味あることしなくちゃ!」

自分を否定し焦らせる思考の声に気づいたからです。

********

 

この「だらだらしちゃダメ!」は子供の頃、母によく言われた言葉です。

母はよく働く人でした。

子供の頃に戦争を体験した世代でもありました。

そのせいもあったのでしょう。

休んでいる暇があるなら家事や仕事をすべきという価値観があったから、この言葉が出たのだと思います。

そして、母もまた、祖父祖母から言われてきているのだと思います。

 

 

『暇があるなら家事や仕事をすべき』

この価値観が悪いわけではないのです。

この価値観があったから、

母は人生を乗り越え、成してきたこともあったのですから。

 

でもね・・、

晩年、ガンになっても休もうとしなかったのです。

じっとしていられないようで、洗濯に掃除と働いてしまうのです。

この価値観が、病気になっても母を休ませることがなかったのです。

ドライバーという自分を責める強固な価値観だったのだと思います。)

 

 

そして、思い出したのです。

祖母もよく働く人で、休んでいる暇があるなら何か(家事や仕事)すべきという人でした。

明治の女性で、気丈な人でもありました。

 

お気づきですか?

私を縛っていた思考の声「だらだらしちゃダメ!」は、

祖母から母へ、母から私へと受け継がれていたものだったのです。

これが負の連鎖です。世代を超えて受け継いでしまった制限の価値観なのです。

 

きっと祖母もまた、その上の世代から受け継いでいたのだと思います。

そう思うと、いったいどれぐらい前から受け継いだ価値観なのでしょう。

そして、この世代を超えた負の連鎖は、誰の中にもあるものなのです。

 

 

思考の声。

実は、自分のものではないのです。

子供の頃、周りの大人や社会から取り入れた考えや価値観です。

子供ですから「その考えや価値観を取り入れて幸せになるか?」なんて考えてはいません。

大人が言うからと、素直に思い込んでしまうのです。

 

 

もちろん、取り入れた価値観で自由になり幸せになることもあります。

でも、自分を縛り、幸せから遠ざけてしまう価値観もあるのです。

 

世代を超えて受け継いでいる負の連鎖である思考の声(価値観)。

もう終わらせてもいい時です。

 

自分と向き合うことで、

世代を超えた負の連鎖を終わらせることができます。

自分を縛る考えや価値観に気づいたら手放していきましょう。

気づくだけで手放しが始まりますから大丈夫です。

 

こちらも合わせてどうぞ。
かぶせの言葉に気づいていますか?
エゴの声と魂の声

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

幸せマインド
Grace.
タイトルとURLをコピーしました