初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

【自分を守る力】感情をぶつけてくる人への対処法

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

今回は、感情をぶつけてくる人への対処法、お話していきます。

感情をぶつけてくる人、時々、いますね。

こういう人が職場にいると、仕事が進みませんし、チームワークも取れません。

お困りの人、多いのではないでしょうか?

 

 

ちょうどご質問を頂いたのです。

「感情をぶつけてくる人にどう対処したらいいですか?」

 

 

まず、感情をぶつけてくる人への対処で覚えておくことがあります。

それは、相手の感情は相手のもの ということ。

 

相手の感情は相手のもの。

だから受け取ってもいいし、受け取らなくてもいい。

その選択肢は自分にある

これを覚えておいてください。

 

 

受け取るのか、受け取らないのか、選択肢は自分にあります。

ですから、自分に聞きましょう。

「どうしたいのか?」

そして、受け取りたくないなら受け取らなくていいのです。

 

 

こう考えると分かりやすいかもしれません。

例えば、誰かが鼻を噛んだテッシュを投げてきたとします。

受け取りますか?

避けますか?

これと同じです。

 

鼻を噛んだテッシュなんですから、

わざわざ受け取らないと思います。

感情は相手のもの。

だから、避けていいんです。

 

あなたは、人の感情のごみ箱にならなくていいのです。

「私は、人の感情のごみ箱になりたいの?」

こう自分に聞いてみてください。

答はNOだと思いますよ。

 

 

そして、人に感情をぶつけてくる人は幼いといえるでしょう。

特にビジネスの場でするなら、かなり幼い精神レベルの人と言えます。

 

そして、こういう人の機嫌を取ってあげる人がいます。

一見、優しい行為に思えるのですが、実は逆です。

機嫌を取ることで、ますますその人の甘えを引き出し、感情をぶつけるようになるからです。

これを心理学では幼児退行といいます。

(怒ってもお母さんが機嫌を取ってくれると思い込むのです)

また、機嫌を取る行為は、相手の感情を受け取ることです。

こういう偽物の優しさには注意が必要です。

 

 

 

残念なことに、人は窮地に立たないと気づきません。

なので、機嫌を取らないことです。

感情をぶつけてきたら、

「気持ちが落ち着いてから話しましょう」と伝え、

相手がクールダウンできる物理的な距離と時間をとることです。

 

感情をぶつけてくる時は、相手をしない。

冷静に話が出来る時は、相手をする。

メリハリのあるコミュニケーションをすることが大切です。

 

 

 

また、相手の感情で、こちらが嫌な気分になることがあります。

でも、この嫌な気分は自分のものです。

自分のものなので、自分で気分転換をしていきましょう。

相手は幼い精神レベルの人だと認識できると、気分転換もしやすいと思います。

それでも嫌な気分が続くなら、これがお勧めです。
簡単!すぐ出来る!苦手な人の克服法

 

 

時々、「あなたのせいで気分が悪くなった!」と相手に怒る人がいます。

これは、相手の感情は相手のもの。自分の感情は自分のものと区別がついていないからです。

相手との境界線が引けていない証拠です。

これもまた、幼い精神の現れなのですね。

 

 

 

また、人生に感情をぶつける人が繰り返し現れるなら、

感情を抑圧していないか、自分と向き合うこともいいでしょう。

なぜなら、内側にあることが外側に現れるからです。

 

怒ってはいけない。

悲しんではいけない。

このように感情を否定していませんか?

抑圧した感情は潜在意識に溜まります。

そして、その感情を現す人を現実化し、悩みとなるのです。

この場合、抑圧した感情を解放すると、その感情を現す人が現れなくなります。

こちらのワークがお勧めです
ワーク。自分を理解する感情解放ワーク

 

 

 

相手の感情は相手のもの

自分の感情は自分のもの

人の感情のごみ箱にならなくていい

大切なあなたを守るために、覚えておいてくださいね。

 

こちらも合わせてどうぞ。
喜怒哀楽が教えてくれるもの
ディープな感情が教えてくれるもの
心の3つのステージ

 

花ひらき、今ここにある歓びを溢れるほど受け取ります。

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

人間関係
Grace.
タイトルとURLをコピーしました