初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

【ワーク】罪悪感を消す方法

 

花ひらき、今ここを天国に。

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

今日は、前回の罪悪感のトリセツの続き、
自分による罪悪感についてワークのご紹介とともにお話していきます。

 

では、もう一度罪悪感の意味を振り返ってみましょう。

罪悪感とは?

罪をおかした、
悪いことをしたと思う気持ち。

 

自分の言葉や行動で、

誰かや社会に、

迷惑をかけた、傷つけてしまったと後悔し自分を責める気持ちが罪悪感なのです。

 

前回の人に負わせられた罪悪感は向き合う必要がないものですが、

自分に原因がある罪悪感の場合は向き合うべき感情です。

ただし、後悔し自分を責めるパワーダウンする向き合い方ではなく、

幸せを大きくパワーアップする向き合い方をするのです。

 

 

以前から何度となくお話していますが、

愛の無い所に罪悪感は生まれません。

罪悪感は愛ゆえに起こる感情です。

大切にしたい相手を傷つけたと思うから生まれる感情なのです。

 

そして、罪悪感の大きさだけ愛も大きいのです。

そしてまた、私たちは失って初めて気づくものです。

罪悪感は、それだけ大切に思っていたこと、愛に気づく機会でもあるのです。

 

そして、後悔するのは、

本当はこうしたかった・・

でも、出来なかった・・から。

 

本当は伝えたかった言葉、

したかった行動があるのです。

その言葉、その行動をする。

これが望んでいることではないでしょうか?

 

 

罪悪感を感じ、後悔し、自分を責め、大切な人との縁を終わらせることも出来ます。

でも、それは本意ではないと思います。

 

大切に思っている気持ちを伝える。

勇気を出し出来なかったことをしていく。

これが本当の望みであり、自分を誇らしく思えることだと思います。

そして、そう出来る人が、

ご縁を大切に育み、愛を大きく育てられるのだと思います。

 

 

では、罪悪感のワークを紹介していきますね。

罪悪感を消し、自信を取り戻すワークです。

 

********

 

【罪悪感を消し自信を取り戻すワーク】

用意するもの:ノート。ひとりになれる静かな時間と空間。

 

ステップ1 罪悪感に気づく

罪悪感は、悪いことをしたと後悔し自分を責めている時に感じます。

罪悪感を感じていることに気づいていきましょう。

自分は悪くないといった気持ちや、プライドから罪悪感をないものとしていることがあります。

正直な自分の気持ちに気づくことがワークを進めるポイントです。

 

ステップ2 なぜ罪悪感を感じるのか?原因を見つける

自分に質問をしていきます。

「誰に(何に)対して感じているのか?」

「どんな悪いことをしたと思っているのか?」

質問で出てきたものをノートに書いていきます。

感情が出てきたら感じて昇華させます。
ゆっくり深呼吸をしながら吐く息と共に感じると消えていきます。
(感情は感じると数秒から数分で消えていきます)

 

ステップ3 望みと新しい行動を見つける

ハートと子宮(丹田)に手を置き、手のあたたかさを感じながら深呼吸をします。

ハートを感じながら質問に答えていきます。

「ほんとうはどうしたかったのか?」

「どうすれば傷つけずにすんだと思うか?」

「ほんとうは相手とどんな関係を望んでいるのか?」

「その関係を築くため、今からどんなことが出来るか?」

思い浮かぶもの全て書き出します。

「それをすることで、自分の人生にどんな影響があるか?」

「それをしないことで、自分の人生にどんな影響があるか?」

「初めの行動は何から始めますか?」

 

 

ハートと子宮を感じながら答えていくと、自分の本心に気づいていけます。

 

********

 

罪悪感をどう扱うかで、

人生を停滞させることも、

大きく飛躍させることもできます。

 

罪悪感は愛ゆえに生まれる感情ですから、

幸せを大きく飛躍させるほうに使いたいものです。

 

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

人間関係
Grace.
タイトルとURLをコピーしました