初めての方へ
お勧めの記事を集めた しあわせのヒント集 も合わせてどうぞ。

【お家パワースポット】陽のエネルギーを取り入れて

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

今回は、お家をパワースポットにする方法をご紹介していきます。

それは、陽の気をお家に取り入れること。

とても簡単なことですからぜひ。

 

 

さて、昨日は秋分の日でした。

おはぎ、食べましたか?

私はしっかり頂きました。(笑)

 

小豆を食べることは邪気払い。

そして、たんぱく質・鉄分・食物繊維も豊富で特に女性にお勧めです。

これから気温が下がりますし、身体、整えていきましょう。

身体を整えることも開運ですよ。

 

 

さて、秋分の日を境に昼間の時間が短くなります。

それは「陽」の気が弱くなり、

「陰」の気が強い季節になっていくということ。

 

なので、「陽」の気を取り入れることが開運となります。

「陰」の気が過度にならないように気を付ける。

「陽」の気を取り込むことを意識するのです。

 

 

どうしたら「陽」の気を取り込めると思いますか?

実は、とても簡単なんです!

朝、カーテンを開け、窓を開ける。

これだけです。

 

カーテンを開けることで陽の気を取り込めます。

窓を開けることで、新鮮な空気(気)を取り込めます。

お部屋の邪気が祓われ気が良くなるんです。

 

さらに、カーテンを開け、日光を浴びることは幸せホルモンであるセロトニンの分泌を促します。

セロトニンは夜になると睡眠ホルモンのメラトニンになります。

日中は幸せホルモンが出てご機嫌でいられるのです。

そして、夜がぐっすり眠れます。

 

カーテンを開け、窓を開けるだけ。

それだけですが、お家の邪気を祓い、陽の気でお家の気を上げ、

さらに、私たちの心と身体の気も上げてくれる方法なのです。

 

 

 

私のクライアントさんの体験もご紹介しますね。

その方はドクターで、クリニックを大きくしたいとのことでした。

経営やスタッフ教育など相談にのっていたのですが、

私が最も気になったのは、その方のお部屋。

 

実は、暗い部屋が観えたんです。
(リーディングしたわけではないのですが、神様が見せてくれました)

カーテンを開けることも、窓を開け空気の入れ替えもしていないようでした。

陰の気がいっぱいのよどんだ空気。

あの部屋にいる限り、仕事の成功はないとわかりました。

 

こうなっているのは忙しいからだと分かりましたが、

あの部屋にいる限り望みの現実化は難しいのです。

なぜなら、望みを現実化させるには良い気がたっぷり必要だからです。

 

なので、とにかくカーテンを開けることをお願いしました。

朝、起きたらカーテンを開ける。

数分でいいので窓を開け空気の入れ替えをしてもらったのです。

 

しばらくすると、朝の気分がよくなり、仕事のモチベーションが上がった。

スタッフとのコミュニケーションも良くなったとご報告がありました。

朝の数分のことで、
・ご本人のモチベーションアップ
・スタッフのコミュニケーション改善
となったのです。

その後、クリニックは大きくなりました。
もちろん、他にもいろいろ改善して頂きましたけど。

 

 

 

私たちは、陽の光を浴びることが少ないと気持ちが沈みます。

そして、日向ぼっこをすると気持ちが良くなります。

陽の光は、気分をよくする効果があるのです。

 

開運にはシンプルな法則があります。

それは、
気持ちいい = 運気が上がる

だから、お家を心地いい空間に整えると開運するのです。

 

 

朝、カーテンを開ける。

窓を開け、空気の入れ替えをする。

気持ちいいですから是非やってみてください。

 

もっと陽の気を取り込みたい!人は、

・窓ガラスを綺麗にする
・カーテンのお洗濯
・お天気の良い日に布団・枕・クッション干し
・お天気の良い日には家中の窓を開けて気の総入れ替え

お勧めです。

どれも気持ちいいですよ。

 

気持ちいい = 運気が上がる

気持ち良くなって、開運しましょう!

 

こちらも合わせてどうぞ。
お花で浄化&エネルギーアップ
音楽で浄化&エネルギーアップ

 

あなたが花ひらき、今ここの歓びを享受されますように。

Grace.セッション

Grace.では、幸せ創造のお手伝いとしてセッションを提供しております。
愛のリーダーシップを発揮しながら、自分も周りも一緒に幸せになっていく心地よく自然な幸せ創造をしていただけます。
・愛のリーダーシップを発揮したい
・心地いい幸せ創造をしたい
・満たされたマインドになりたい
・愛、豊かさを受け取りたい
・女性性を開花したい
こう思う方にお勧めです。

開運神様
Grace.
タイトルとURLをコピーしました